公開日 18年01月02日

更新日 18年09月05日

ED治療薬の価格ってどのくらい!?人気の3種類を比較しました!

ED治療薬ってどのくらいの価格で手に入るのだろう。継続して購入出来る価格なのだろうか。自分にはどの種類の薬が合っているのだろうか。

 

EDを治療薬で改善して一日も早く悩みから解放されたいと願う方は少なくはありません。ED治療薬の悩みは人に相談しにくいものですよね。

 

日本ではおよそ500万人の患者さんがいると推測されているEDですが、生まれつき一度も勃起をしたことがない一次性のEDと、ある時から勃起しなくなる二次性のEDに分けられます。

 

一次性のEDは下垂体機能低下症などが原因となりますが、二次性のEDは年齢によって原因が異なります。

 

20~40歳男性では心因性がほとんどとなっており、40歳以上では器質性や加齢、糖尿病や動脈硬化、心臓病や鬱病といった慢性疾患、直腸や前立腺の外傷、勃起に関する血管や神経が損なわれたことが原因となっています。

 

また、脊髄や頭部の外傷、病気によってもEDになることがあります。時々勃起しなかった状態から、全く勃起しなくなる状態にまでなってしまうEDは、原因を突き詰め、対処法、治療法を出来る限り早く見つけることが、解決へと繋がります。

 

そこで今回はED治療薬とは価格がどのくらいするのか、どの治療薬が人気なのかを3種類比較していきます。

 

それぞれどのような特徴があるのか、ご自身がどのような症状なのか、どのような治療を望んでいるのかを考慮の上、参考にしてみてくださいね。

 

 

ED治療の平均価格

Thumb money

ED治療はしたいけど、治療にどのくらいかかるのか気になりますよね。ED治療にかかる費用が高いと耳にしたことがある方も多いことでしょう。

 

この費用が高いことは、健康保険の適用外であることが理由として挙げられるのです。現在の日本では、例えEDを治療しなくても日常生活に支障がない、と判断されているのです。

 

そのために、治療費が高くなってしまうのです。

 

治療方法によって変わる価格

ED治療方法として、食事の改善や治療薬の投与、運動や筋トレ、陰茎海綿体注射などが挙げられます。

 

EDは高血圧や糖尿病、動脈硬化といった血液に関わる生活習慣病と深く関係しています。そのため、生活習慣病の改善や予防に努めればEDの改善や予防にも繋がるのです。

 

その一因でもある食生活は自身で見直すことが出来、改善することが出来るので今日から早速実践してみてはいかがでしょうか。

 

まず、見直すべき食事は、高脂肪、高カロリー、高食塩の3つです。油を多く使う食事やマヨネーズ、乳製品を好む方は脂肪分が高いため、前立腺がんを発症する確率が高まります。

 

他にも、ラーメンや揚げ物といった高カロリーの食べ物が好きな方は高血圧や糖尿病、動脈硬化、そして肥満へと導かれやすいため注意が必要です。

 

また、麺類の汁を飲む方や濃い味付けを好む方は塩分を摂りすぎる傾向があるため、心疾患や肝機能障害を患う可能性が高まってしまいます。

 

更に、EDは男性ホルモンであるテストステロンが低下することによって発症することから、普段の食事でテストステロンの減少を防ぐことが可能なのです。

 

大変効果的と言われているのが亜鉛です。体内に亜鉛が不足してしまうと、精巣が委縮してしまい、テストステロンの分泌量が減ってしまうのです。

 

普段からアーモンドや抹茶、ゴマ、牡蠣、豚レバー、あわび、そして鶏もも肉を積極的に摂ることで亜鉛を摂取するようにしましょう。

 

また、運動や筋トレもEDを改善するのに効果的な方法です。運動をすることで血行不良を改善し、陰茎海綿体に血液をしっかり送り込み、正常な勃起へと導くのです。

 

普段の食生活により血行不良は起こるのですが、運動不足による筋力の低下もまた血行不良となるため、運動や筋トレもEDへの改善・予防と繋がります。

 

更に、運動にはテストステロンの分泌を促する効果があるため、ジョギングやランニングといった有酸素運動を積極的に取り入れることもお勧めです。

 

実際に、ある研究では一週間に2.5時間以上のランニングを行う人は、全く運動しない人と比べて、EDのリスクが30%も低下したという報告も出ています。

 

スクワットも下半身を鍛えることから、EDの改善や予防に大変効果的だとされています。

そしてもう一つ紹介したいのが陰茎海綿体注射です。

 

これはICI治療とも呼ばれており、注射をすることによって陰茎海綿体に血管作動薬を直接注入し、勃起を促します。

 

副作用が少ないPGE1と呼ばれる成分が主流となっており、ED治療法としては効果が高いとされています。

 

基礎疾患別の有効率では海外で7~9割、日本国内でも6~9割と大変効果的な治療法であることが分かりますね。

 

このように国内外問わず重宝されている陰茎海綿体注射ですが、時間も要せず気軽に受けることが出来、注射後5~10分程度で勃起し始め、勃起は2~3時間程度持続します。

 

また、飲酒や喫煙がEDと関与していることも忘れてはいけません。適量のアルコール摂取は、リラックス効果やストレスの解消となりEDの原因となる精神的な問題を解消してくれます。

 

しかし、適量を超えると中枢神経に作用し脳の機能を麻痺させてしまい、正常な勃起が起きなくなってしまうのです。

 

喫煙につきましても、有害物質が含まれるタバコを吸うことで血管内の細胞を傷つけ、血管内皮障害を引き起こします。これにより一酸化窒素が減少し、動脈硬化へと導いてしまうのです。

 

動脈硬化は陰茎周辺でも発生してしまうため、EDの原因の一つとなります。また、ニコチンには末梢神経を収縮させる働きがあるため、陰茎周辺の血流が悪化し、ED発症へと繋がります。

 

薬を使った治療が一般的

一般的には、ED治療には治療薬が最もメジャーとなっています。バイアグラ、レビトラ、シアリスがED治療薬として存在していますが、目的や生活習慣に合わせた薬を自分で選ぶことができます。

 

ED治療の中でも最も多く利用されているのがED治療薬の投与です。世界で初めて開発されたバイアグラは2016年10月現在、存在するED治療薬3種の中で唯一特許が切れていることから、正規のジェネリック医薬品が存在しています。

 

知名度が高いだけにユーザーが多い治療薬です。バイアグラの次に開発されたレビトラは、3種類の中では即効性が最も高く、最短で30分で効果が発揮される治療薬です。

 

食事の影響を受けやすいバイアグラをある程度改善したこともレビトラの魅力と言えます。

 

レビトラの次に開発されたのがシアリスは、体内で分解されにくいため持続時間が36時間もあることが特徴として挙げられます。

 

飲酒や喫煙、運動でのED対策は可能ですが、やはり改善や予防を期待するには治療薬を使うのが一般的となっています。

 

精神的な要因ならカウンセリングも必須

機能性EDを始め、EDには器質性ED、薬剤性ED、混合性EDといった種類があります。

 

心理的・精神的な要因で勃起機能が正常であるにも関わらず勃起が起きないEDは機能性EDに分類されます。

 

これは精神的な方面からアプローチすることでEDを改善・予防する必要があります。この機能性EDには精神病性EDと心因性EDの2種類があります。

 

精神病性EDは統合失調症や精神分裂病、妄想性障害や気分障害といった精神疾患が原因となり発症するEDです。妄想や幻覚により正常な性交が行えなくなります。

 

心因性EDは、人間関係や予期不安、抑うつや心理的ストレスといった様々な心理的諸要因によって発症するEDです。

 

パートナーとの関係によって引き起こされることもあれば、ある日突然発症し、夜間や早朝の勃起は正常に起きるのが特徴となっています。

 

過剰抑制や性欲の低下が症状として現れます。自身がEDの心理的原因や誘引に気付いている場合は現実心因が原因となっており、気付いていない場合は深層心因が原因となっています。

 

それでは、現実心因と深層心因について紹介をしましょう。現実心因とは、日常生活における様々な心理的ストレスが大きな原因となっています。

 

過労や焦り、睡眠不足、緊張、経済的困窮、心配事、妊娠恐怖症、そしてパートナーとの感情的トラブルが原因となっています。

 

深層心因は、心の奥底にある様々な心理的なことが原因となっており、悲しみや怒り、憎しみ、欲求不満、母子分離不全、そして幼少期における心的外傷体験などが原因となっています。

 

このように精神的な理由でEDとなってしまった際は、精神科での治療を受けることがほとんどです。

 

心因が原因の際は、泌尿器科やED治療専門のクリニックにおいて薬物療法か心理療法にて治療を受けることができ、心理療法では現実心因か深層心因のどちらに該当するかで治療の方法も異なります。

 

現実心因の際は一般心理療法や支持的精神療法といったカウンセリングを始め、暗示療法、再教育療法や自律訓練法、リラクゼーションといった非分析的アプローチをすることでEDを治療していきます。

 

価格を抑える方法はある?

Thumb candle

ED治療薬には3種類が存在していますが、相場はどれも1錠あたりおよそ1,500円~2,000円程度です。

 

風邪薬や頭痛薬、鎮痛剤といった一般的な薬と比較すると高いのですが、保険適用外の割には高値というわけではありませんよね。

 

最近はバイアグラの特許が切れたために、3種類の中で唯一バイアグラだけがジェネリック医薬品が販売されています。

 

ジェネリック医薬品は、正規品と同じ効果を持つのですが、より安く手に入るため、継続して服用したい方や、正規品に拘らない方にはお勧めですよ。

 

しかし、バイアグラ以外のレビトラやシアリスにつきましては、国内でのジェネリック医薬品の製造が認められていません。

 

そのため、インターネットなどでレビトラやシアリスのジェネリック品が販売されていた場合、本物ではない可能性が非常に高まります。

 

どこの製造会社がどこの工場で、そしてどのような工程で何を成分として製造したかが不明であるため、安心して服用出来るものではありません。どんなに安くても購入しないように気を付けてくださいね。

 

また、バイアグラのジェネリック品といえども、偽物が多く出回っているため、極端に安価なものは手を出さないようにしましょう。

 

特別な理由がない限りは、出来るだけクリニックや病院で診察してもらって処方してもらうのが身の安全にもいいでしょう。

 

病院ごとの違い

ED治療薬の医療費につきましては、提供するクリニックや病院で費用を自由に設定することが出来ます。

 

これは、ED治療薬が保険適用外であるために、自由診療という扱いになることが理由として挙げられます。

 

自由診療で価格設定も様々

しかし、だからといって高値で販売すると買ってくれる人を失ってしまうため、他の病院やクリニックとさほど大きな違いが発生することはありません。

 

また、製薬会社からも希望価格が設定されているため、その価格から大幅に外れた値段で販売されることがないのです。

 

初診料や再診料の有無

一般的には、病院に行った時は診察代の他にも、初めて診察してもらった場合は初診料がかかってきますよね。再診の場合は再診料を負担する場合もあります。

 

ED治療薬は保険適用外の薬であるために、出来る限り費用を抑えてあげられるように考慮してくれる病院もあります。

 

再診料だけでなく、初診料さえも請求しない病院やクリニックもありますので、事前にインターネットで検索してから出向くことをお勧めします。

 

 

保険適用できる場合もある

一般的にはED治療薬は保険適用外として扱われるのですが、EDの原因次第では保険が適用されることがあるのです。

 

身体的要因や心理的要因など、生活習慣、病気などEDの原因は人それぞれ異なります。保険の範囲内で治療を受けられるのかどうか、ご自身の原因を確実に知る必要があるのです。

 

病気が原因のED

保険の範囲内で受けることが出来るED治療には、このような事が挙げられます。生活習慣病、高血圧や脂質異常症、糖尿病といった病気が生活習慣病とされていますが、その中でも高血圧症と糖尿病に限り、保険の範囲内でED治療を受けることが出来ます。

 

男性更年期障害、「ART」と呼ばれるアンドロゲン補充療法を受ける方に限り、保険が適用されます。

 

これは更年期障害の治療を受けることが目的ですが、EDの治療にも効果的であるために両者を改善することが出来るとされています。

 

ARTの治療薬には、ゲル剤や注射剤を始め、パッチ添加物や閉口剤が使われますが、日本では注射による治療のみが保険適用となっています。

 

性機能の障害や損傷、障害や損傷の種類によって保険適用の範囲内で治療を受けることが出来ます。

 

事故によって神経系や血管系に損傷を受けてしまった場合に保険の範囲内で治療を受けることができます。

 

また、先天性陰茎湾曲症や尿道下裂、ペローニ病といった性機能障害も保険の範囲内での治療が可能となります。

 

ED治療薬の価格はどのくらい?

Thumb adventure money

ED治療を受ける際、気になるのが価格ですよね。保険適用外と診断された場合は決して安くでは入手出来ないため、不安に思う方も多いでしょう。

 

それでは、以下3種類の治療薬がどのくらいの価格で販売されているのかを紹介していきましょう。

 

シアリス

Thumb cialis0721

出典

シアリスの場合、1錠10mgで税込みおよそ1,700円、1錠20mgで税込みおよそ2,000円です。

 

レビトラ

Thumb levitra0721

出典

レビトラの場合、1錠10mgで税込みおよそ1,500円、1錠20mgで税込みおよそ2,000円です。

 

バイアグラ

Thumb vgr pfyzer

出典

バイアグラの場合、1錠25mgで税込みおよそ1,300円、1錠50mgで税込みおよそ1,500円です。

 

3種類の中ではシアリスが最も高いことが分かりますね。しかし、毎日、毎食ごとに薬を服用する糖尿病や高血圧といった生活習慣病と異なり、ED治療薬は性行をする時にだけ服用する薬です。

 

長期間で利用する場合を除き、一時的に利用するED治療薬は、値段よりも副作用の少なさや食事の影響を受けにくいという理由からシアリスが世界中の人から選ばれているのです。

 

また、それ以外にもシアリスには持続時間に魅力があることを忘れてはいけませんね。1度服用すればおよそ20~36時間もの間効果が得られることでもリピーターが多いことが事実です。

 

金曜日の夜に服用すれば最大で日曜日のお昼まで効果が持続することから、海外ではウィークエンドピルとまで呼ばれているほどなのです。

 

1錠あたりの価格はバイアグラやレビトラと比較すると多少高いシアリスですが、1度服用すると効果が長いという意味では、経済的とも言えるのではないでしょうか。

 

セット販売をしているクリニックもありますので、単品購入より安くで手に入ることも出来ます。事前にインターネットで調べたり、問い合わせをしてみるといいでしょう。

 

ED治療薬として3種類の中で最も新しいシアリスですが、発売以来世界100カ国以上で使用されており、利用者は1,000万人を超えるとまで言われています。

 

2013年8月には世界でのシェア率が42%となり、ED治療薬の中では最も利用されている薬とまで成長したのです。

 

2002年11月にヨーロッパで開発・承認されたシアリスは、2007年7月に日本でも承認され、2ヶ月後の9月から日本イーライリリー社より販売がスタートしました。

 

毎日服用するものではないED治療薬だからこそ、値段だけを重視せず、ご自身の生活習慣や生活スタイル、病気の有無によってどの薬が合うのかをしっかり見極めることが必要です。

 

価格だけを重視してしまい、ネット通信販売などで安価なED治療薬を購入するのは、偽物を服用する可能性があり、非常に危険です。

 

重大な健康被害を被らないためにも、信頼出来る病院やクリニックで処方してもらうことをお勧めします。

 

ED治療薬には併用禁忌薬が何種類か存在することも念頭に置く必要がありますよ。

 

ED治療薬を服用することで血管が広がり、勃起を起こすため、血圧が急激に下がる危険性があります。

 

バイアグラ、レビトラ、シアリスそれぞれが薬との相性が悪いものが多数あるため、服用の際は、専門医に服用中の薬を伝えましょう。特に高血圧や心筋梗塞、狭心症を患っている方は注意が必要です。

 

併用禁忌薬を服用中であるのにも関わらず、ED治療薬を服用してしまった場合、重篤な副作用に見舞われ、最悪の場合命に関わることもあります。服用の際は病院やクリニックで専門医に相談してくださいね。

 

まとめ

Thumb thought

ED治療には、治療薬の服用を始め、食生活や運動、筋トレ、飲酒、喫煙など様々なことを見直す必要があります。

 

EDは高血圧や糖尿病、動脈硬化といった血液に関わる生活習慣病と深く関係しています。そのため、生活習慣病の改善や予防に努めればEDの改善や予防にも繋がるのです。

 

食生活においては、見直すべき点は、高脂肪、高カロリー、高食塩の3つです。油を多く使う食事やマヨネーズ、乳製品、ラーメンや揚げ物、といった高カロリーの食品には注意が必要です。

 

また、麺類の汁を飲む方や濃い味付けを好む方は塩分を摂りすぎる傾向があるため、心疾患や肝機能障害を患う可能性が高まってしまいます。

 

EDは男性ホルモンであるテストステロンが低下することによって発症することから、普段から亜鉛を摂取することをお勧めします。

 

体内に亜鉛が不足してしまうと、精巣が委縮してしまい、テストステロンの分泌量が減ってしまうのです。

 

普段からアーモンドや抹茶、ゴマ、牡蠣、豚レバー、あわび、そして鶏もも肉を積極的に摂ることで亜鉛を摂取するようにしましょう。

 

また、運動や筋トレは血行不良を改善し、陰茎海綿体に血液をしっかり送り込んでくれるので、EDの改善にも繋がります。

 

更に、運動にはテストステロンの分泌を促す効果があるため、ジョギングやランニングといった有酸素運動を積極的に取り入れることもお勧めです。

 

陰茎海綿体注射もED治療としての一つの方法です。これは注射をすることによって陰茎海綿体に血管作動薬を直接注入し、勃起を促します。

 

副作用が少ないPGE1と呼ばれる成分が主流となっており、ED治療法としては効果が高いとされています。

 

陰茎海綿体注射は、時間も要せず気軽に受けることが出来、注射後5~10分程度で勃起し始め、勃起は2~3時間程度持続します。また、飲酒や喫煙がEDと関与していることも忘れてはいけません。

 

アルコールの摂取は適量を超えると中枢神経に作用し脳の機能を麻痺させてしまい、正常な勃起が起きなくなってしまいます。

 

喫煙についても、有害物質が含まれるタバコを吸うことで血管内の細胞を傷つけ、血管内皮障害を引き起こします。これにより一酸化窒素が減少し、動脈硬化へと導いてしまうのです。

 

動脈硬化は陰茎周辺でも発生してしまうため、EDの原因の一つとなります。また、ニコチンには末梢神経を収縮させる働きがあるため、陰茎周辺の血流が悪化し、ED発症へと繋がります。

 

バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬を服用することがED治療で最もメジャーですが、心理的、精神的な要因で勃起機能が正常であるにも関わらず勃起が起きない場合は、精神的な方面からアプローチすることでEDを改善、予防する必要があります。

 

近年はバイアグラのみがジェネリック医薬品が販売されています。しかし他の2種類につきましてはまだ日本国内でのジェネリックの製造が認められていないため、インターネットで販売されていても偽物の可能性が非常に高いことを忘れないでください。

 

病院やクリニックによっては初診料や再診料がかからない場合もあります。また、EDの原因によっては保険が適用されるケースもあるので、しっかり専門医に診てもらった方がいいでしょう。

 

シアリスは、1錠10mgでおよそ1,700円、1錠20mgでおよそ2,000円です。レビトラは1錠10mgでおよそ1,500円、1錠20mgでおよそ2,000円、バイアグラは、1錠25mgでおよそ1,300円、1錠50mgでおよそ1,500円です。(全て税込み価格)

 

インターネットによるED治療薬の購入は、販売元や製造元、成分が明確でないことが多いだけでなく、偽物も多く出回っているため非常に危険とも言えます。

 

ご自身の体調や生活スタイル、生活習慣などを考慮の上、専門医にアドバイスを貰う方が安全と言えるでしょう。

 

ご自身の体のため、そしてパートナーのためにも安全な治療法を選択の上服用してみてはいかがでしょうか。

EDに関連する記事