EDの薬は効果ある!?費用や期間、メリットやデメリットについて

EDは治療薬を使った方法が主流となっていますが、薬といっても日本国内で認可されているものは3種類あり、それぞれの効果や持続時間など特徴が異なります。治療薬を使用せず生活習慣の改善でEDを治すことも可能ですが、効果的な治療にはやはりED治療薬の存在が欠かせません。

でも自分に合うものはどれか、どうやって飲むのか、身体に負担はないのか、そして治療薬は本当に効果があるのかなど気になる点が色々あることでしょう。そこでEDの治療薬について知っておくべき基礎知識を詳しくご紹介したいと思います。

 

EDの薬って??ED治療薬を知ろう!  

Thumb pill

EDの薬は現在日本で正式に認可されているものが3種類ありますので、自分に一番合う治療薬を見つける為にはそれぞれの薬の特徴をまずは理解していきましょう。

 

 

バイアグラ


日本でも有名なED治療薬のバイアグラは、世界で最初に開発された薬としてお馴染みです。1998年にファイザー社から発売され日本ではED治療薬として最初に認可されました。バイアグラに続いて開発された他の2種の治療薬より認知度があり人気も抜群。日本国内ではバイアグラの特許が切れた2014年から製薬会社によりジェネリックのバイアグラが市場に登場しています。

バイアグラは食事と一緒に服用すると、有効成分の吸収が弱くなり効果を発揮しない場合がありますが、即効性がありペニスの硬さが出やすい特徴が人気となっています。ED治療薬の3種類は薬効成分がそれぞれ違いますし、服用のタイミングも異なります。主な副作用として血管拡張作用により顔のほてりや頭痛、鼻づまりなどが起こる場合がありますが効果が表れているサインでもあります。

 

レビトラ 


3種類の治療薬の中でもっとも即効性が高いのがレビトラ。ドイツの大手製薬メーカーバイエル社から2003年に発売開始され、日本で正式に認可されたのが2004年。レビトラの分子構造はバイアグラとは異なり、水に溶けやすい特徴がありますので、食事の影響をあまり受けないことが魅力となっています。

また即効性も高く、服用後早い場合は15分ほどで効果があり、45分後には血中濃度がピークになります。レビトラはバイエル社の治験結果によると、性行為時にいつもより2.4倍~3倍程度挿入時間が長くなったという結果がありますので、勃起不全だけなく早漏の悩み改善としてのメリットになります。

食事との併用は影響を受けにくい点が特徴ですが、バイエル社では薬の効果を実感するためには空腹時の服用を推奨しています。総エネルギーに占める脂肪割合が約30%が食事のバランスの目安となっています。

 

シアリス

3種類のED治療薬のなかで2007年に日本で正式に認可された最新の薬です。シアリスは米国イーライリリー社から2003年に発売され、他の2種類とは多少異なる特徴があります。まず効果の持続時間が従来の治療薬よりも長くなったことや、バイアグラよりも食事の影響を受けにくいなど。
先に販売されている治療薬の改良点を組み込んでいるため、異なる効果や特徴が人気となっています。食事との兼ね合いは通常の食事であれば問題といわれていますが、メーカー発表では800kcal以下が影響なく有効成分が働くとされています。しかし食事による影響は全く無視するわけにはいきませんので、さらに効果を引き出す為にはレビトラと同様に工夫時に服用した方がよいでしょう。

 

ED治療薬にはジェネリック医薬品もある!

ジェネリック医薬品の販売や開発ができるのは特許が切れた種類のみとなりますので、特許期間中はジェネリックを作れません。ED治療薬のバイアグラは2014年に特許が切れたからは製薬会社がジェネリックを取り扱っています。費用が従来よりも安くなっている点が魅力ですが薬価が決まっていない為、クリニックごとの自由診療になり価格が若干異なります。

気になる効果ですがバイアグラジェネリックは全く同じ製造過程で作られているものではありませんから、細かく比較すると若干の違いはあります。しかし有効性の試験では基本的にバイアグラと同じ効果が期待できます。値段はバイアグラが1錠1500円前後だったのに対して、ジェネリックは1000円程度。クリニックごとに自由に価格設定していますので、さらに安くなる場合もあります。

他2種類に関しても同様にジェネリックが販売されていますがほぼ同じ効果が期待でき、費用は2/3程度とコスト面でかなり安くなる点が最大の魅力です。どんな薬でも先発医薬品は数多くの実験や安全性チェックなど多大なコストがかかっていますが、後発医薬品のジェネリックは開発期間や費用がかからない為、安く市場で販売できる仕組みになっているのです。

 

薬でEDって治るの?ED治療薬の効果!

Thumb injection4

治療薬でEDは治せるものなのか、気になる効果について見ていきたいと思います。

 

バイアグラの効果


バイアグラに含まれる成分は勃起を抑制する酵素の働きを妨げる働きがあります。勃起を促進する状態になるため薬の効果がある間に脳が性的興奮を感知することで、陰茎に指令が届き勃起する仕組みになっています。そのためバイアグラを飲んだからといってずっと勃起状態が続くものではありません。

3種類のED治療薬のなかでも効果が強く人気があるバイアグラですが、あくまでも勃起の促進薬であり、精力を高めるものとは異なりますのでバイアグラは女性には効果がありません。効果が実感できるのは服用後30分~1時間後。食後の服用は胃腸内で有効成分が浸透しにくくなるため、なるべく空腹状態で服用するように推奨されています。

効果の持続は25㎎の場合で4~5時間、50㎎の場合で5~6時間。勃起したときの硬さが他の2種類と比較するとでやすいため人気があります。しかし効果や即効性がある反面、副作用も強い傾向があり服用後は血流が活発になるので頭痛や顔のほてりなどの症状を感じることが多くなっています。同時にこれらの副作用は有効成分が効果を発揮していることにもなりますので、身体に負担がない程度の症状であれば問題はありません。

 

レビトラの効果


勃起機能が働くのは性的興奮を感じ一酸化窒素が放出されて、局部細胞内にサイクリックグアノシンーリン酸という物質により血管が拡張されていきます。そして放出された酵素を破壊して海綿体の血管収縮が起こり勃起が始まります。レビトラは勃起を阻害する酵素の働きを抑制する効果がありますので、性的興奮を受けると勃起を促進する働きが起こります。

レビトラで性欲増強や興奮作用を得ることはできませんので、あくまでも性的刺激を受けた状態で薬の効果があることを理解しておきましょう。効果がでるのは服用後15分~45分と3種類の治療薬の中ではダントツで即効性が高いことが特徴。食事の影響はバイアグラほどはありませんが、脂質が多い食事をとった場合はできるだけ時間をおき、30分ほど経過してから薬を服用するとよいでしょう。

効果の持続は10㎎タイプで4~5時間。20㎎タイプで8~10時間と長く、早漏の人にもメリットになります。勃起の硬さではバイアグラの方が若干良いという評価もありますが、即効性がなによりもの魅力。またアルコールも適量であればリラックス効果につながりますので、薬の効果を邪魔することなく服用できます。

 

シアリスの効果


シアリスは服用後10㎎の場合は20~24時間、20㎎だと30~36時間も効果が持続することが特徴となっています。3種類の中では一番新しい治療薬ですが、他2種類にはないメリットを兼ね備えているため大変人気があります。また食事との併用も影響が少なく800KcalまでならばOkとメーカーでも発表していますし、アルコールも適量なら大丈夫なので服用のタイミングにストレスを感じることが少なくなっています。ちなみに800Kcal以下の食事はすき家の牛丼中盛りで675kcal、マクドナルドのビックマックが557kcalとなっていますので参考にしてみましょう。

シアリスは勃起の硬さよりも効果の長さが売りになっていますので、週末の間勃起の不安から解放されたい人などにピッタリ。薬の服用間隔は24時間空けることが必要になりますので、たとえ効果が持続中でも次の薬を服用しさらに対策ができるメリットもあります。効果がでるのは服用後1~3時間ほどかかりますので、他の2種類の治療薬と比較すると即効性では不足する点があります。計画的にタイミングを合わせて薬の服用ができる人にはとても良いでしょう。

3種類のED治療薬の特徴をまとめた一覧は下記の通りになっています。
【テーブル5】

 

他のED治療より安く済む?治療方法の比較検討!

Thumb hikaku

EDを治す方法は治療薬を使用するだけでなく、陰部に注射をするICI治療や内服薬でホルモン分泌を活性化する方法、またストレス軽減に向けた心理療法、勃起補助具、外科手術などがあります。

ED治療は時間がかかる場合もありますので、治療方法によっては経済的な負担になる可能性があります。そこでそれぞれの治療方法の費用や効果の違いについて見ていきましょう。

 

費用を比較してみよう

ED治療の最終的な手段として行われる「陰茎プロステーシス移植手術」は陰茎に特殊な器具を埋め込む手術で費用は100%自己負担となります。目安の費用としては10万円~100万円と範囲が広く、使用するインフレータブルタイプとノンインフレータブルタイプにより異なります。

ICI療法(海綿体注射療法)は抹消血管作動薬を海綿体に直接注射して陰茎の血管を拡張させる方法です。費用は初回カウンセリングや注射指導を含めると6万円~10万円。2回目以降は4千円~1万円ほどになりますがこの治療方法は保険適用外で高額になる傾向があります。

外科的な手術が必要ない方法で人気があるのが陰圧式勃起補助具。この器具はポンプで陰茎海綿体に血液を溜め込み勃起させる仕組みになっています。陰茎の根本にはバンドやリングを使用して締め付けた状態にして勃起を維持する仕組みで、この費用は2万円~4万円前後になります。そして主流で行われているED治療薬を使用する場合は薬代が1錠当たり1500~2000円となりますので、他の治療方法よりも費用が安くなる点が魅力です。

 

効果を比較してみよう 

陰茎プロステーシス移植手術の効果は器具を装着している限り勃起状態が起こりますが、手術後は1~2カ月ほど療養が必要になります。ICI治療の効果は注射を打つと性的な刺激がなくても、薬の効果が持続する間はずっと勃起状態がキープできます。陰圧式勃起補助具の効果は30分。ポンプを使用して誘発的に勃起を引き起こし、その状態を維持するために陰茎基部にゴムバンドを締め付けないといけません。使用時間はうっ血を防ぐために30分が限度となります。

ED治療薬の効果は日本で認可されている3種類それぞれ若干異なりますが、効果を実感するまでに15分~4時間と薬の種類によって即効性が異なります。また効果の持続も最大で36時間ほど続く薬もありますので、目的によって薬を選ぶことも大切です。

 

期間を比較してみよう 

陰茎プロステーシス手術は日帰りで行ってくれるクリニックもありますので、その方が入院費用がなくコストの節約になります。効果は器具を装着している間続きますが、人工的な冷たさが残る点などが指摘されています。ICI治療の効果は70~90%の患者で有効であると報告されています。しかし一度で勃起しない場合もありますので繰り返し続ける必要があります。注射してから5分ほどで効果が表れ、勃起状態は30分~60分ほど維持が可能。

陰圧式勃起補助具は疑似勃起を起こす目的があり、筒のなかに陰茎を挿入して陰圧にします。手術が必要なく薬剤を使用することもありませんので、副作用の不安がない点がメリット。勃起障害の種類に関係なく有効的な方法ですが、効果が30分までが限度となりますので、この間に性交を終わらせないといけないプレッシャーがあります。

 

 

ED治療薬のメリット

Thumb graphs
EDの治療薬は大変研究も進み効果が期待されていますが、メリットだけでなくデメリットもありますので、使用する前に必ず理解しておきましょう。

 

不安が軽減する

ED治療薬を服用すると効果がある以前に、薬を飲んでいる安心感から精神的なプレッシャーやストレスが軽減されます。 性行為に挑むとき「今日もダメかもしれない」と心配になると自律神経の働きに悪影響になりホルモン分泌や血流が悪くなることが考えられます。

ED治療薬を使用して成功体験をすれば、一時的な自信回復になりますしそのきっかけで精神的なストレスが軽減されるメリットがあります。勃起機能を正常に働かせるためには、心身とも健康であることが必要なので薬を使用することで勇気がわき性欲も回復する可能性も期待できるのです。

 

即効性がある 


ED治療薬は血管拡張により海綿体に血流が増加していわゆる「充血状態」を起こす働きがあります。大切な場面で焦っている時、治療薬は種類によって15分ぐらいで効果を実感できるため、大変即効性がある点がメリットになります。また持続時間が長いタイプなら36時間ほど効果が続きますので、週末のデートなども安心して楽しめるようになります。

ED治療薬の効果の持続は常に勃起が続くのではなく、効果がある間に性的な刺激を受けないと勃起はしませんのでご注意ください。飲むタイミングを合わせて安心して快適な性行為に挑むことが可能です。

 

手術の必要がない

ED治療薬は外科的な手術の必要がなく、薬を服用だけなので安心です。動脈性ED、静脈性ED、陰茎プロステーシス移植術などの外科手術はリスクが伴い、陰茎のむくみ、陰茎知覚低下、また術後は数か月にわたり性行為が出来ないデメリットがあります。

しかしED治療薬ならば医療機関で薬を処方してもらい、必要な場合に服用するだけなので手術に必要な高額なコストも心配ありません。とてもデリケートな陰茎を手術するのは勇気が必要なので、その前に治療薬で回復させる方が多くなっています。

取り扱う医療機関が多い

ED医療薬を取り扱う医療機関は内科、泌尿器科やED専門クリニックなどとても数多く存在しています。クリニックによっては診察料などがかからず薬代だけで済む場合もありますし、男性スタッフのみの専門クリニックも多く存在しています。製薬会社のホームページを見ると取り扱っている病院の検索もできますので確認してみましょう。

また医療機関以外では自己責任になりますが、個人輸入で入手することも可能です。ED治療薬はジェネリックもありますので通販サイトも種類多く存在します。

携帯しやすい 

ED治療薬は風邪薬のようにとても小さくカバンやポケットに入れて持ち運びができる点が大変メリットです。デートでもしもの時でも、ポケットやお財布にこっそりしまっておけるサイズなのでED治療薬を飲んでいることがバレずに済みます。勃起補助具のような器具になると目立ちますしカバンに入れて行動するのは抵抗になってしまいますよね。その点治療薬はパッと見ただけではどんな薬かわからない為、万が一見られても痛み止めやアレルギーの薬だと言って誤魔化すことも可能なのです。

 

ED治療薬のデメリット

次はED治療薬のデメリットです。メリットだけではないので、注意です。

 

根本的な治療ではない

ED治療薬は勃起機能を根本から改善する薬ではありませんので、一過性の効果を期待する人にはオススメです。一時的に勃起を促す働きがある治療薬は継続して摂取しても、勃起しない原因を元から改善する治療効果はありません。またED治療薬に頼って性行為をしていると逆に薬を飲まないと勃起できない不安につながる可能性もあるのです。飲んでいると安心して性行為ができるという人もいる反面、逆に軽度のEDから重度のEDへと症状が悪化するケースもなかにはあります。

 

食事で影響を受ける 

ED治療薬は食事と一緒に飲むと有効成分の吸収が阻害されてしまうため、本来の効果が発揮できないデメリットがあります。日本で認可されている3種類の治療薬は食事の影響はそれぞれで若干異なりますが、共通して言えることはどの治療薬も空腹時に服用した方が効果がでやすいという点です。食事をした後に性行為を行うシチュエーションもありますので、このような場面では薬を飲むタイミングが悪くなってしまいます。計画的にうまく服用する点がデメリットになりますので、心配な場合は効果の持続時間が長いタイプを選ぶとよいでしょう。

 

医療機関で処方が必要

基本的にED治療薬は医療機関で医師に処方してもらう必要があります。最近では通販でも色々な治療薬が販売されていますが、飲み方や副作用などはすべて自己判断となりますので安全に飲むには医師に相談することをオススメします。

しかし医療機関でEDの薬を入手するのは、忙しい人にとっては手間になりますし、また一般の内科や泌尿器科では他の患者さんの目も気になる場合があります。しかし手軽な通販だと偽物の治療薬を販売していることもありますので、医療機関で処方してもらうほうが安心して利用するために必要になります。

 

副作用がある

ED治療薬は副作用があります。症状や度合いは人によって異なりますが勃起機能を正常にする為に全身の血流が活発になるため、顔のほてりや頭痛などの症状はごく一般的に起こる場合があります。また現在服用中の薬がある場合は、飲み合わせにより危険なこともありますので必ず医師に相談することが必要です。ほてりやめまいなどの副作用は治療薬の効果が出ている証拠ともいわれていますが、判断できない症状もありますので服用後に体調が悪く不安な場合はすぐに医療機関で相談することが必要です。

 

ED治療薬はどこで購入する??

Thumb capcelgreen
EDの治療薬を購入する時はどこに行けばよいのか、入手方法について見ていきましょう。

 

一般病院


ED治療薬は用法や用量、副作用のリスクなど服用に際して医師のアドバイスが必要になるため、医療機関で処方してもらい購入する方法が一番安全です。内科や泌尿器などでも取り扱っていますのでまず行く前に確認をしておきましょう。医療機関では薬代以外に初診料や診察料などが別途必要になるところもあります。基本的にEDは保険適用外になり、病気を根本的に治す薬ではないため自由診療になります。

薬の値段も病院によって若干異なりますのでご注意ください。ED治療薬を医療機関で入手するメリットは偽造品の心配がなく、医師から薬についての説明をしてもらえる点です。

 

ED専門クリニック


最近はEDを専門に取り扱うクリニックが増えてきましたがこちらでもED治療薬は購入できます。専門クリニックは内科などの病院と同様に、保険適用外になりますのでほとんどの場合は保険証を持っていく必要もなく、医師の問診を受けて治療薬を購入できます。

EDの薬の種類についての説明や患者さんの質問や不安にも対応してくれる為、自分にぴったりあう治療薬が見つかる良いチャンスになります。クリニックでも薬代は自由価格になっているため若干の違いがありますので、不安な場合はホームページを見て確認するか、クリニックに直接問い合わせてみましょう。

通販 

ED治療薬は通販で個人輸入として購入できます。病院に行っても保険適用外で薬の値段が割高なため、通販を利用して値段のやすい治療薬を購入する方が増えています。個人輸入と言っても利用方法は通常のネットショッピングのような手軽さがありますが、薬の出荷国によっては到着までに日数がかかり、1週間から10日ほど必要になります。

通販は値段が安い点が最大の魅力なのですが、製薬メーカーによると悪質な偽造品も多く市場に出回っているともいわれています。服用方法や効果、副作用などはすべて自己判断となりますので、リスクがあることを理解して通販を利用しないといけません。


ED治療薬の入手方法ごとの特徴をまとめた一覧は下記の通りとなっていますのでぜひ参考にしてください。
【テーブル6】

 

まとめ 

Thumb clock

EDの薬は3種類ありそれぞれの薬の効能や特徴をしっかり理解して正しく服用することが大切です。EDの治療方法は治療薬を使用する以外にも、生活習慣の改善を始めとした自分の心がけで改善していくこともとても大切です。EDの悩みを抱えている方にとっては色々と選択できる治療法があり、最近ではさらに治療効果も高くなっています。

まさか自分がEDになるなんて、と最初は受け入れられない方も多く、病院で診察を受けるのをいつまでもためらってしまうこともあります。EDで悩む成人男性は度合いは異なりますが3人に1人ともいわれ、決して自分ひとりではないことを知り、早めに治療改善を行い自信を取り戻してください。EDは治療薬を使った方法がとても有効的ですが、自分に合った方法をみつけ生活改善などを意識しながら続けていきましょう。


 

ED治療薬に関連する記事