公開日 18年01月02日

更新日 18年09月06日

ED治療にはお金がかかる!?3つの費用をご紹介します!

Thumb sakebi

まさか自分がED?!と悩み始めた方は、どこに相談したらいいのか、どのような治療があるのか、そしてどのくらい費用がかかるのか不安になりますよね。

 

昔は簡単にEDを改善する方法がなかったのですが、近年は内科や泌尿器科で受診することが出来るようになり、EDで悩む方も相談しやすい環境が整ってきました。

 

ED治療としては、内服の治療薬がメジャーとなっています。EDは治りにくい疾患ではなくなってきたので、自分がEDかも?!と思った方は、早めにクリニックや病院に行くことをお勧めします。

 

それでは、ED治療費がどのくらいかかるのかを紹介していきましょう。

ズバリ、EDの治療は大きく分けて3つの費用にわかれます。

  1. 診察費 
  2. 検査費
  3. 薬や治療器具の費用

 

ED治療薬のクリニック別価格比較

地域 クリニック名 バイアグラ レビトラ シアリス
東京 メンズサポートクリニック 1500円 1700円 1800円
大阪 エーツー美容外科 1400円 1900円 1900円
神奈川 川崎中央クリニック 1500円 2000円 2000円
全国 ABCクリニック 2000円 2000円 2000円

 

↓自分では判断できない方へ・・・↓
 

Thumb data

イースト駅前クリニック
ED治療薬980円~/1錠
東京・大阪・名古屋など全国12

公式サイトを見る

 

治療にかかる費用は?

Thumb clock

ED治療にかかる際、費用が気になるのが本音ですよね。保険適用外といえども、どのくらいかかるのだろうか。そんな悩みを解消できるよう、治療費について紹介していきます。

 

診察費 

ED治療に関しまして、診察費は他の病気で診察してもらった時と同じ考えです。EDの症状が軽い場合は安くで済み、症状が重くなると値段も上がってきます。

 

症状が特殊と判断されてしまうと、高額な医療費や難しい手術が必要となってしまうのです。

 

ED治療は、満足のいく性交を目的としているため、数千円で納まる薬から、数十万円かかる外科手術と様々です。

 

心因的EDなのか、器質性EDなのかによっても保険の適用が変わってくるため、費用は異なりますが、早期発見、早期治療が治療費を安くで済まされることは理解出来ましたね。

 

初診料や再診料が必要な病院もある

Thumb akusyuuhanatsukami

クリニックや病院によっては初診料だけでなく再診料を請求しないケースもありますが、どちらも請求するケースもあります。

 

初めて受診する際は、初診料や再診料を始め、検査費用や処方料などを事前に問い合わせてみて、参考にするといいでしょう。

 

検査費

受けられる検査の種類は医療機関によって異なります。規模の小さな医療機関ではカウンセリングや問診だけしか行わない場合もあります。

 

規模の大きな医療機関になると内分泌検査や心理テスト、神経系検査、生理的勃起機能検査、血管系検査など診察項目も多岐にわたります。

 

確実にご自身の原因を調べたい際は大きな医療機関に行くことをお勧めしますが、ここでも事前にどのくらいの費用がかかるのかを問い合わせてみるといいでしょう。

 

使用できる薬を判断するための検査

Thumb smartspeaker

ED治療には、治療薬の投与を始め、器具の活用や手術、心理的な療法、そしてホルモン療法など様々です。使用する器具や方法も異なり、患者さんに合うものを選んでいくのです。

 

どの治療法で治療を行うかは医師との問診で決定されます。どのような治療方法に対応しているかはクリニックや病院によって異なるため、どのような検査があるのかも異なってきます。

 

多くの治療法に対応している医療機関もあれば、特定の治療法に特化している医療機関もあるため、ご自身で医療機関を選ぶことも重要なポイントになってきます。

ED1000ならABCクリニック→

 

薬や治療器具の費用

Thumb mjsyoubushi

薬による治療の場合、バイアグラでは、一般的には1錠25mgで1,300円、1錠50mgで1,500円程度で販売されています。

<バイアグラの料金比較>

地域 クリニック名 料金
大阪 エーツー美容外科 1400円
東京 メンズサポートクリニック 1500円
全国 イースト駅前クリニック 1500円
全国 ABCクリニック 2000円

 

レビトラは、1錠10mgで1,500円程度、1錠20mgで2,000円程度です。シアリスは、価格は、1錠10mgで1,700円、1錠20mgで2,000円程度です。

<レビトラの料金比較>

地域 クリニック名 料金
東京 メンズサポートクリニック 1700円
全国 イースト駅前クリニック 1800円
大阪 エーツー美容外科 1900円
全国 ABCクリニック 2000円

<シアリスの料金比較>

地域 クリニック名 料金
東京 メンズサポートクリニック 1800円
全国 イースト駅前クリニック 1800円
大阪 エーツー美容外科 1900円
全国 ABCクリニック 2000円

他にもICI治療と呼ばれる陰茎海綿体注射も治療の一つとして存在します。医療機関によって費用は異なりますが、自動注射器で26,500円程度、1回分の治療費が12,500円程度かかるようです。

 

他にも陰圧式勃起補助具と呼ばれる器具の場合は、30,000円程度です。ED1000と呼ばれる治療では、12回1クールでおよそ430,000円程度です。

 

ED治療の費用は高い?

Thumb migikataagari

ED治療費は高い、と耳にしたことがある方は少なくはないでしょう。日本人は国民健康保険に加入することが法律で義務付けられており、加入することで治療費や診察代といった医療費の一部を国が負担してくれています。

 

また、高額医療費につきましては控除してくれる制度もあるため、国民健康保険に加入していると医療費の負担はあまり大きくなりません。

 

しかし、中には保険が適用されないケースがありますので以下に紹介します。

  • 日常生活に支障がない治療
    ニキビ、イボ、シミ、アザ、ホクロなどの除去、ワキガ治療。
  • 美容が目的の医療
    鼻を高くする、胸を大きくする、アゴを削る、二重まぶたにする整形手術。
  • 疲労回復のための医療
    マッサージ、にんにく注射。
  • 検査にかかる医療
    健康診断、人間ドック。治療を目的としない入院、糖尿病の教育入院、リハビリ施設への入所。
  • 妊娠出産にかかる医療
    自己都合による堕胎、不妊治療、正常分娩。

 

一般的には、その治療を行わなくても日常生活に支障がないと判断されている上記のものは保険の適用外であり、給付金も対象となりません。

 

ED治療もその中の一つであり、基本的には保険適用外の治療となっています。

 

保険適用外で行う治療

Thumb hallowin

病院に行った際、一般的には健康保険が適用されるのですが、ED治療においては保険が適用出来ません。

 

原因によっては保険が使える

一般的にはED治療は保険が適用されないのですが、EDの原因によっては保険が適用されるケースがあります。

 

EDの原因には身体的要因や心理的要因、病気やケガなど原因は様々であるため、ご自身のEDの原因が何なのかを知る必要があります。

 

それによっては保険適用の範囲内で治療を受けることが出来るのです。健康保険が適用されるEDとは、以下が挙げられます。生活習慣病によるED、高血圧症や糖尿病と診断された方。

 

生活習慣病とEDには密接な関係があり、高血圧症や糖尿病と診断された場合、勃起のメカニズムに大きな関わりを持つ血管や神経に損傷を与えてしまうため、正常な勃起が起こらなくなってしまうのです。

 

EDの原因が生活習慣である場合、EDに効果的な薬を服用することで治療をする他、根本的な原因である生活習慣を見直すことでEDの改善へと導くことも可能です。

 

糖尿病には以下が改善策として挙げられます。

 

カロリーの過剰摂取を控える

Thumb mineralwater

食事内容は小さな工夫を積み重ねることで、健康的な食事となります。料理は小さ目な皿に盛りつけることで満足感を得やすくなります。

 

また、魚料理や肉料理の際は、出来る限り油で揚げずにグリルを活用したり、蒸したり焼くことでカロリーを抑えることが出来ます。

 

飲料につきましても、無糖のお茶や水を選び、コーヒーや紅茶に砂糖を入れる際は低カロリーの甘味料を選ぶようにしましょう。

 

普段の料理は出来る限り薄味を心掛け、塩分を控えた分、ハーブや香辛料、低脂肪のシーズニングを活用すれば風味も引き立ちますよ。

 

また、加工食品には脂肪分が多く含まれているため、ドレッシングやレトルトパックの食品、缶詰は出来る限り避けるようにしてくださいね。

 

白米よりは玄米、食パンよりは全粒粉の方が血糖値が上昇しにくいため、白いものよりは濃い色のものを選ぶようにしましょう。

 

1食置き換えにしたり、ご飯を抜く必要はありません。楽しく健康的な食事を心がけることを意識して食生活を改善してみてくださいね。

 

体を積極的に動かしましょう

Thumb tuyoi

体を動かすことは、糖尿病の改善や予防に繋がります。まずは1日10分でもいいので散歩や縄跳びをしてみたり、掃除をして体を動かしてみてください。エレベーターを使わず、階段を使うことも一つの改善点になります。

 

また、1駅分歩いたり、スーパーまでウォーキングで行ってみたり、駐車場では出入り口から最も遠いところに駐車をするなど日常生活で工夫をしてみるといいでしょう。

 

検査を定期的に受けましょう

Thumb sindansyo

糖尿病になる患者さんは、血糖値が高くなったとしても、視力障害や、心血管や心臓の障害のような自覚症状を感じるまで気付かない方が多くいます。

 

定期的に検査を受けることで異常を早急に発見することも出来ますし、食生活のアドバイスを貰うことも出来るので、健康をより意識することが出来ます。

 

適切な治療が早ければ早いほど、健康で長生き出来ることは間違いありませんよね。

 

男性更年期障害によるED、アンドロゲン補充療法と呼ばれる「ART」治療を受けている方。

 

男性更年期障害と診断された方で、「ART」治療を希望された方は、更年期障害を治療しながらED治療も受けることが可能です。

 

更年期障害とは、加齢などの影響により男性ホルモンの一種である「テストステロン」が減少することから始まります。

 

40代後半から50代前半にかけて発汗やほてり、寝汗、性欲低下、疲労感、そしてうつ病などが症状として現れます。

 

その他にも勃起不全や体脂肪の増加、筋力の低下、活力低下といった症状が見受けられることもあります。これらは、基本的には男性ホルモンの補充療法を行うことで治療をしていきます。

 

経口薬や筋肉注射、塗り薬が治療法として挙げられますが、日本では一般的には注射療法が行われており、3~4週間おきに筋肉への注射をします。

 

しかし、前立腺がんを患っている方にはこのホルモン補充療法を行うことが出来ません。これは補充療法の副作用として、前立腺がんを進展させるリスクがあるからです。

 

性機能障害や性機能の損傷によるED、障害や損傷の種類によっては、保険の範囲内で治療を受けることが出来ます。

 

事故によって神経系や血管系に損傷を受けてしまった場合、又は先天性陰茎湾曲症や尿道下裂、ペローニ病と診断された方は保険が適用されます。

 

目安を事前に問い合わせるのも有り

Thumb headphon

自分がEDかも?!と不安になった方は、まずは簡単な問診票で「EDネットクリニック」のEDセルフチェックを行ってみてください。

 

こちらは、インターネットで検索すれば簡単に見つけることが出来ますよ。問診票の合計点数が21点以下の場合、近くのクリニックや病院に問い合わせて相談をしてみましょう。

 

基本的には初診料を始め、診察代や検査費用、薬代全てが保険適用外となってしまうため、事前に問い合わせてみてもいいかもしれません。

 

しかし、患者さんの健康状態や病状によって検査項目も異なってくるため、確実な費用は実際に診てもらうまでは分からないのが現状です。

 

ただ、問い合わせることで目安を知ることは出来るので、事前に問い合わせて予算を知るといいでしょう。

イースト駅前の料金詳細を見る→

 

 

 

EDの治療方法と費用

Thumb kenshin2

ED治療には、器具の活用や手術、心理療法、ホルモン療法、そして薬の投与があります。近年では、バイアグラを始め、シアリスやレビトラといったED治療薬を用いる治療法が一般的となっています。

 

これは他の治療法と比較して安いだけでなく、自身の症状に合わせて薬を選べること、診察してくれるクリニックや病院が増えたことも理由として挙げられます。

 

また、自身の生活スタイルに合わせて薬の持続時間も選べることが人気の理由となっています。

 

専門医に診てもらえば生活習慣や生活スタイルに合わせた薬を処方してもらえるため、安心して服用することが出来ますよ。

 

日本で最もメジャーとなった3種類の薬につきましては、以下が費用となっています。

 

バイアグラ

Thumb vgr100

世界最初のED治療薬であり、根強いファンが多くいる薬です。しかし、食事の影響を大変受けやすいことも特徴の一つです。

 

日本では1999年1月25日にバイアグラの製造が認められ、同年3月23日にファイザー株式会社より販売がスタートしました。

 

バイアグラの成分であるシルデナフィルは元々は狭心症患者向けに開発が進んでいたのですが、治療効果が思わしくなく試験が中止されました。

 

被験者から回収を呼びかけた際に、男性器の勃起に効果的という声が多数上がり、調査をした結果、ED治療薬として発売されることになったのです。

 

しかし、ED治療薬につきましては、病院側で価格を設定出来るため、価格が異なります。大幅な違いはないのですが、受診前に問い合わせてみるといいでしょう。

 

レビトラ

Thumb levitra0721

バイアグラの次に開発されたレビトラは、2003年にドイツのバイエル社から発売され始め、2004年に日本で正式に認可が下りました。

 

食事の影響を非常に受けやすいバイアグラは、服用する際は性交と食事のタイミングをしっかり考慮しなくてはいけません。

 

しかし、レビトラはバイアグラと比較して食事の影響を受けにくく、一般的な食事であれば影響がないという特徴があります。

 

この一般的な食事とは、栄養学にて定義されている成人男性の場合、1食あたり700キロカロリーを示しています。また、総エネルギーに占める脂肪の割合が3割という制限もあります。

 

上記条件を守れば、食事の影響を受けないという研究データがあります。このことから、レビトラは、バイアグラの弱点を改善した薬であることが分かりますね。

 

シアリス

Thumb cialis0721

レビトラの次に開発されたシアリスは、持続時間が最長で36時間と非常に長いことが特徴として挙げられます。

 

服用のタイミングや、効果時間内に性交をしなくては、という不安やプレッシャーがないことが人気の理由となっています。

 

シアリスの成分であるタダラフィルは体内で分解されにくいため、持続時間が長いのです。

 

金曜日の夜に服用すれば、日曜日のお昼まで持続するため、海外では「ウィークエンド・ピル」と呼ばれています。

 

日本では2007年7月に承認されて、同年9月に日本イーライリリー株式会社より販売がスタートしました。

 

服用して1時間で効き始め、36時間もの間効果を持続するシアリスですが、陰茎を無理やり勃起させるものではなく、性的な刺激を受けて勃起するため、性的な興奮がない限りは勃起することはありません。

 

一般的な薬を使った治療

Thumb tenteki

現在、ED治療薬では3種類が存在していますが、自分にはどれが合うのか、どのように服用したらいいのか、副作用はあるのかどうか、など不安に思われる方も少なくはありません。

 

ED治療薬の効果は個人に差があるため、効き方や副作用の有無、副作用の症状もそれぞれ異なります。

 

専門医と相談の上、それぞれを試しながら自分に最も合う薬を選ぶといいでしょう。

EDの専門家に無料で相談する→

 

薬の費用相場は1錠千円以上!?

それでは、3種類の費用の相場を紹介します。バイアグラの場合、一般的には1錠25mgで1,300円、1錠50mgで1,500円程度で販売されています。

 

レビトラは、1錠10mgで1,500円程度、1錠20mgで2,000円程度です。シアリスは、価格は、1錠10mgで1,700円、1錠20mgで2,000円程度です。

 

一般的な風邪薬や鎮痛剤、塗り薬と比較すると高いことがわかりますね。これは保険が適用されないことが理由として挙げられます。

 

自分で薬を購入するのは危険? 

Thumb hituu

ファイザー株式会社、バイエル薬品株式会社、日本新薬株式会社、そして日本イーライリリー株式会社の調査によると、インターネットによるED治療薬には大きな落とし穴があることが発表されています。

 

調査の結果、次のことが分かったようです。使用者全体の9割以上が、ED治療薬の偽物品がインターネット上に出回っていることを認識している。

 

インターネットでED治療薬を購入した方の2人に1人が、偽物による副作用や健康被害を認識せずに服用している。9割の方が、購入したED治療薬が本物であると判断している。

 

インターネットからED治療薬を購入した方の4割が副作用を経験し、その中の9割が副作用を放置している。

 

Thumb edfake data

また、こちらのグラフをご覧ください。2009年に比べ、2016年は比較的偽造品の割合が減っています。しかし、それでもなお40%の商品が正規品ではなく、偽造品であるというデータが存在します。

 

医療機関で受診することに抵抗や手間、値段の高さを感じている方がインターネットにて治療薬を購入しているようですが、偽物の治療薬は健康被害のリスクが非常に高く、偽物のED治療薬を服用した男性が、意識障害を起こし病院に搬送された事例もあります。

 

また、呼吸困難に陥り、病院に搬送された男性が命を落としてしまい、衣服から偽物のED治療薬が見つかった事例も発表されました。

 

これらの事例を受けて、厚生労働省からは「模造医薬品による健康被害に対する注意喚起」のお知らせが出されるまでに至ったのです。

 

インターネットで安くで購入出来るED治療薬には偽物が多く出回っているだけでなく、製造元や製造工程、成分など明らかにされていないケースもあり、非常に危険です。

 

高くても、専門医にしっかり診察・相談の上処方してもらいましょう。正規品しか取り扱っていないクリニックは存在します。まずは安心して服用できるED治療薬を手に入れることがED治療の近道です。

正規品のみ!イースト駅前クリニックへ→

 

まとめ

Thumb notebook

ED治療は保険適用外の治療となるため、決して安いわけではありません。しかし、以下のように原因によっては保険が適用出来るケースもあります。

 

一般的にはED治療は保険が適用されないのですが、EDの原因によっては保険が適用されるケースがあります。

 

生活習慣病によるED、高血圧症や糖尿病、男性更年期障害によるED、「ART」治療を受けている方、性機能障害や性機能の損傷によるED。

 

これらのEDの場合は保険が適用されるケースがあると本記事で解説しました。

 

治療費用は医療機関によって異なるため、事前に問い合わせてみましょう。また、ED治療には、器具の活用や手術、心理療法、ホルモン療法、そして薬の投与があります。

 

近年では、バイアグラを始め、シアリスやレビトラといったED治療薬を用いる治療法が一般的でしたね。

 

まずはご自身のEDの原因が何なのかを突き詰めて、どのような治療がベストか専門医とよく相談してみましょう。

↓たまに立たない?専門家に相談しましょう↓
 

Thumb data

イースト駅前クリニック
ED治療薬980円~/1錠
東京・大阪・名古屋など全国12

専門家に相談する→

 

バイアグラ 出典:http://endia.net/baiagura100mlotoko-hunakosi レビトラ 出典:http://samuraiclinic.com/ed-levitra/ シアリス 出典:https://makoto-store.com/product/425 偽造品のグラフ 出典:https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_11_24_02.html

EDに関連する記事