公開日 17年11月12日

更新日 18年09月09日

精力増強の2トップ!?「シトルリン」と「アルギニン」を徹底解説

恋人と楽しくお付き合いしていったり、結婚生活を円満にするためにも、夜の営みは思っている以上に大切です。

 

ところが...「近頃、以前ほど夜の生活に自信がなくなってきた」

 

そんな男性が近年増えているようです。理由は様々です。

 

  • 彼女の事は好きなのに、奥さんのことは大切なのに、どうしても性欲がわかない。
  • 性欲はあるけど、勃起しにくくなってきた。
  • 場合によっては、勃起しにくいどころか、完全に勃起しなくて途方にくれている...

 

そんなケースもあるようです。男性にとって、性生活に支障が出るのはとても大変なことです。

 

まずは自分の性的満足が得られないこと。これだけでも十分苦しいことです。しかし、もっと辛いのはパートナーを満足させてあげられないこと。

 

パートナーも中々本人には言いづらいので、不満をため込んでしまう場合もあるようです。性的な問題が原因でケンカが増えてしまったり、場合によっては別れてしまうことにつながることもあります。

 

そういった意味では男としての自信を取り戻すことはとても重要です。男性が自信を取り戻す方法は、自分の現状を正確に把握することが重要です。

 

「全然勃起出来なくて困っている」という状況であれば、ED治療薬が有効ですが、そこまでいかないのであれば他の選択肢も有効です。

 

例えば「勃起はするけど、以前ほど力強くはない」とか「勃起はするが、それ以前に性欲そのものがあまり出ない」という方にとっては、サプリメントが適しているかもしれません。

 

また、「SEXでの快感があまり得られなくなってきた」「射精して出る精液の量がなんだか少ない気がする」といった方も、当てはまるかもしれません。

 

精力増強のサプリメントで有名なのは「シトルリン」と「アルギニン」になります。ここでは、「EDではないけど、最近夜に自信がなくなってきた」という方のために、シトルリンとアルギニンについて詳しく述べていきたいと思います。

 

そもそも、シトルリンやアルギニンといった「サプリメント」とバイアグラ等の「ED治療薬」ではどのような違いがあるのでしょうか。

 

まずはその点から見ていくことにしましょう。

 

サプリメントとED治療薬の違いは!?

Thumb supplement treatment

「サプリメント」と「ED治療薬」では様々な点で異なります。まず重要なのは「取扱いの違い」「安全性の違い」「作用機序の違い」の3点になります。

 

そして、最も重要な違いは「効果」になりますが、まずは理解をより深めるために、これら3点について順にみていくことにしましょう。

 

この3点を踏まえて、あらためて「効果の違い」については、後ほどみていくことにします。

 

取扱いの違い

サプリメントとED治療薬では取扱いが違います。サプリメントは法的には「食品」に分類されます。

 

それゆえ、医薬品のように「効能・効果」を謳うことは出来ません。

 

例えばサプリメントのパッケージに「このシトルリンは勃起不全を改善します」と表示したりすると、それは「薬事法違反」になってしまうわけです。

 

一方、ED治療薬は「医療用医薬品」になります。効能・効果が科学的根拠に基づいて認められています。

 

例えば、バイアグラの添付文書の「効能または効果」には「勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)と明記されています。

 

そのような観点だけでみても、「勃起出来なくて困っている」状態であれば、ED治療薬が最適であることがわかると思います。

 

また、用量や用法についても違いがあります。サプリメントの場合、用法、用量については「あいまいな表現でなければいけない」ということになっています。

 

例えば、「1日3錠を3回に分けて食後にお召し上がりください」という表現はNGです。これが「1日3錠を目安に3回程度に分けてお召し上がりください」であれば問題ありません。

 

逆に医薬品の場合は用法、用量が明確です。

 

必ず「1回100㎎を1日3回食後に経口投与する。」といったような記載になっています。

 

また「取扱いが違う」ということは、「手に入れる方法も違う」ということです。

 

その点についてもう少し詳しく見てみましょう。

 

ED治療薬には、現在「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3剤が発売されておりますが、全て「医療用医薬品」になります。「医療用医薬品」は「医師の処方が必要な薬剤」になります。

 

ですので、ED治療薬を試そうと思ったら病院やクリニックに足を運び、医師にED治療薬を処方してもらう必要があります。

 

一方、シトルリンやアルギニンといったサプリメントは、他のサプリメントと同様、ドラッグストアやインターネットで購入することが出来ます。

 

わざわざ病院に運ぶ必要がありません。それゆえ、サプリメントはより手軽に手に入れることが出来る、ということになります。

 

安全性の違い

ではなぜ、ED治療薬は医師から処方してもらわなくてはならないのでしょうか。

 

それは「使い方を間違えると効果が得られなかったり、副作用が問題となる」からです。

 

たとえばED治療薬で最も有名なバイアグラの場合を考えてみましょう。

 

バイアグラは食事の影響をもろに受けます。

 

SEXの前におしゃれなレストランでパートナーと食事、という流れのパターンはかなりあるかと思います。

 

そんな時、バイアグラを食後すぐに服用してしまったら、ほとんど効果は期待できません。

 

これは空腹時の服用と比べ、バイアグラの有効成分の吸収が極端に悪くなってしまうからです。

 

またバイアグラの基本的な薬理作用は血管拡張作用になりますから「顔のほてり」や「頭痛」といった副作用が生じやすいです。

 

陰茎の血管を拡張させるだけでなく、基本的には全身の血管を拡張させます。

 

顔のほてりはバイアグラの最も頻度の高い副作用の一つであり、お酒を飲んだ時のほてりに近い、と言われています。

 

ですが、とても軽い副作用で特に問題となることはありません。

 

頭痛においても脳内の血管が拡張されることで、周囲の神経が刺激されることで生じるものです。

 

このような副作用を全く知らないと必要以上に焦ってしまい、肝心のデートを楽しめなくなってしまうかもしれません。

 

そういった意味でも事前に知っておくことはとても重要です。

 

またバイアグラと一緒に服用してはいけない薬剤というのも存在します。

 

それゆえ医師からは「今現在服用している薬はありますか?」といった事も聞かれることでしょう。

 

このように、効果がしっかり出るように、また、より安全に服用できるように医師からの指示、説明は重要です。

 

そういった意味でED治療薬は、医師の処方せんが必要な「医療用医薬品」と位置付けられているわけです。

 

一方、サプリメントであるシトルリンやアルギニンは「食品」であり、アミノ酸の一種です。

 

アミノ酸とは、私たちの体の内臓や筋肉、皮膚や血管などのもとになるタンパク質を構成している成分です。

 

ですから重大な副作用はほとんどありませんし、軽度な副作用も非常に少ないといえます。

 

それゆえ、インターネットやドラッグストアで、自分の責任で購入することが出来るわけです。

 

このようにED治療薬とサプリメントに取扱いの差があるのは、安全性の面からの理由もあるのです。

 

作用機序の違い

ED治療薬はどのような働きをすることで、「勃起不全」を改善するのでしょうか。

 

現在発売されている「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3剤は全て同じ薬理作用によってEDを改善します。

 

これらの薬剤は「PDE5阻害薬」と呼ばれ、基本的な薬理作用は同じといえます。

 

そもそも勃起は性的興奮によってペニスの血管が拡張され、血液がペニスに集中することで生じます。

 

ところがED患者はペニスの血管が拡張しにくい状態となっています。

 

これを改善するために、「血管を収縮させる物質を阻害する」という働きをします。

 

つまり、血管の収縮を邪魔することで結果的に拡張させる、という作用機序になります。

 

一方、シトルリンやアルギニンは一酸化窒素を増やす働きがあると考えられています。

 

一酸化窒素は「NO」という略語で表現されることもあります。

 

体内で産生される一酸化窒素は「血管を拡張させて、血流を調整する手助けをしている」と言われています。

 

一酸化窒素といえば、自動車の排気ガスなどに含まれており、それが原因で酸性雨や光化学スモッグなどの大気汚染をもたらすことで有名かもしれません。

 

この発見をしたノーベル医学、生理学賞を受賞したイグナロ博士は、研究費用の捻出に苦労したようです。

 

米国国立衛生研究所に研究費の資金援助を申し出たところ、「大気汚染物質である一酸化窒素の体内での働きを研究するなんてクレイジーだ!」と言われ断られたようです(笑)

 

しかし、あきらめずにイグナロ博士が研究した結果、一酸化窒素は体内では健康に密接に関わっている成分でした。

 

このように、「ED治療薬」も「サプリメント」も「血管を拡張させる」という点では共通の働きなのですが、作用機序は異なっています。

 

もう少しサプリメントの成分について詳しくみていきましょう。

 

 

 

そもそもシトルリンって何?

Thumb citrulline action

シトルリンとはそもそも何でしょうか。シトルリンとは、スイカやメロン、ヘチマといったウリ科の植物中に含まれる遊離アミノ酸です。

 

1930年、シトルリンは日本においてスイカの果汁から発見されました。

 

「シトルリン」という名前もスイカの学名である「Citrullus vulgaris(シトルラス ブルガリス)」から名付けられたようです。

 

このシトルリンは通常の食事では十分に摂取することが難しく、魚や肉では補えません。

 

スイカに含まれている量もそれほど多いわけではないので、やはり凝縮されたサプリメントを摂取する方が確実といえます。

 

 

シトルリンの作用

 

シトルリンは体内に入るとアルギニンに変換されます。

 

その際に産生される一酸化窒素が重要な働きをします。

 

血管の内皮で一酸化窒素が作用し、血管そのものを拡張させる働きがあります。

 

その結果として血流が良くなるのです。

 

このシトルリンは尿素回路に関係する成分のため、下半身の血行が良くなるとも考えられています。

 

そのためシトルリンは「精力増強サプリ」として広く認知されています。

 

この血管拡張作用は長時間継続すると言われています。

 

バイアグラも作用は異なりますが、同じ血管拡張作用があります。

 

そもそも「勃起」は「ペニスに血液が集中して起こること」ですから、血流改善につながる作用は重要になるわけです。

 

 

 

そもそもアルギニンって何?

Thumb arginine action

ではもう一つの「アルギニン」とはそもそも何でしょうか。アルギニンは様々な働きをすることで知られています。

 

まず、脳の下垂体に作用して成長ホルモンの分泌を促します。また、アルギニンはアンモニアの解毒にも関係しています。

 

これはオルニチン(尿素)回路の一員としての働きと言えます。この際に一部のアルギニンから一酸化窒素が発生します。

 

シトルリンのところでも述べた通り、この一酸化窒素が血流の改善につながる作用があるのです。

 

他にもアルギニンには一酸化窒素の産生を通じ、ウイルスや病原菌に対する免疫細胞の攻撃力を高める働きがあることが知られています。

 

アルギニンとシトルリンの関係

Thumb nitric oxide cycle

このアルギニンは先ほど述べたシトルリンと切っても切れない密接な関係があります。

 

シトルリンは体内で変換されてアルギニンとなり、その際に重要な働きをする一酸化窒素を産生します。

 

また、アルギニンは酸素と一酸化窒素合成酵素により酵素的に変換されることで、一酸化窒素とシトルリンが産生されます。

 

簡単にいうと、アルギニンはシトルリンにもなるわけです。

 

ちょっと不思議な話に聞こえるかもしれませんが、シトルリンはアルギニンに変換されますし、アルギニンはシトルリンを産生する働きがある、ということになります。

 

どこまで妥当かわかりませんが、あくまでイメージとして例えてみます。

 

割りばしが刺さった一本のバナナを想像してみてください。

これがアルギニンです(笑)

このバナナをどろどろに溶けたチョコレートに突っ込んで冷やします。

チョコバナナが出来ますね。これがシトルリンです(笑)

このチョコバナナ(シトルリン)を少し温めます。

するとチョコのコーティングが溶けて、またバナナだけ(アルギニン)になりますね。

そして、このバナナ(アルギニン)をまたチョコレートに突っ込んで冷やすとチョコバナナ(シトルリン)が出来ます。

 

体内ではこのようなことを繰り返して、シトルリンがアルギニンに、またアルギニンがシトルリンになっているのです。

 

そして、このような変換を通じて一酸化窒素を生み出しているのです。

 

この一連の流れは「一酸化窒素サイクル」とも呼ばれています。

 

シトルリンとアルギニンは同時に使う!?

Thumb heart

シトルリンとアルギニンは先ほど述べたように、切っても切れない関係にあります。

 

一酸化窒素サイクルを考慮すれば、シトルリンとアルギニンは同時摂取した方がより効果が高まることがわかります。

 

また、アルギニンは成長ホルモンの分泌促進やアンモニアの解毒作用の際にも消費される話をしました。

 

そのためアルギニンは吸収率が低いのですが、シトルリンと併用することで吸収率が高まることが明らかになっています。

 

確かにシトルリンとアルギニンは非常に良く似た性質のアミノ酸ではあります。

 

しかし、このような点を考慮すれば、どちらかだけ摂取すればいいわけではないことがお分かりいただけると思います。

 

より吸収率を高め、より高い効果を期待するのであれば、出来るだけ両方の成分が配合されたサプリメントを選んだ方がよいでしょう。

 

 

 

シトルリンとアルギニンはどれも同じ!?

Thumb pill tablet

シトルリンとアルギニンは精力増強サプリメントとして注目を浴びていますが、どのサプリメントも同じなのでしょうか。

 

もちろん、サプリメントによって様々な違いがあります。

 

シトルリンとアルギニンが両方配合されているものもあれば、シトルリンだけのもの、アルギニンだけのものもあります。

 

また、含有量にも違いがあります。

 

例えばアルギニンが1日5000㎎摂取出来るものや、シトルリンが1日に2000㎎摂取出来るサプリなどもあります。

 

これらは非常に多い摂取量となっていますが、多ければ多い程効果が期待できるのでしょうか。

 

次にシトルリンとアルギニンの摂取量の目安について見てみましょう。

 

 

シトルリンとアルギニンの摂取量の目安は?

Thumb seal

「医療用医薬品とサプリメントの違い」のところでも述べましたが、サプリメントについては、用法、用量について明確な規定はありません。

 

「食品」扱いなので、あくまで「目安」になります。

 

ただ、食品であっても少なすぎたり、過剰になっては身体にとってよくありません。どんな食品であっても「程度」というのが大切です。

 

ここで紹介しているシトルリンやアルギニンについても同じことが言えます。協和発酵バイオ株式会社が運営している「シトルリン研究会」においては、シトルリンの目安摂取量は1日当たり800㎎としています。

 

また、アルギニンの摂取量はきちんとしたエビデンスは少なく、こちらもあくまで参考程度になります。

 

体重やアルギニンを摂取する目的、また健常人とアスリートでも1日の摂取量が異なってくるのがアルギニンです。

 

一般的な基準として、アルギニンが効果的に働くには1日に2000~4000mg以上の摂取が必要とされています。

 

また、アルギニンが多く含まれている代表的な食品としては高野豆腐や納豆、肉類や魚介類、卵類などがあげられます。

 

しかし食事から摂取するだけでは足りないケースが出てきますので、サプリメントを効果的に活用することが得策です。

 

「勃起力の増強」という目的での服用であれば、4g以上の摂取が理想ではあると思われます。

 

ただアルギニンは大量摂取をすると下痢などの副作用を起こしやすい、とも考えられているので、2500㎎~3000㎎を目安に始めてみるのが妥当だと思います。

 

そこから個人の使用感に応じて徐々に増やしていくとよいでしょう。

 

シトルリンでもアルギニンでも摂取量が多ければ多い程効果が期待できるのか、と言われるとそういうわけではありません。

 

「シトルリン研究会」のサイト上でも、「期待される効果には上限がありますし、すぐに効果が現れるものでもありません」との記載がなされています。

 

 

サプリメントとED治療薬の効果と使い方

Thumb supplement intake

ここまでみてきてサプリメントとED治療薬の効果面での違いはお分かりになったでしょうか。

 

ED治療薬は「勃起不全」に対する治療薬であり、極めて短時間で作用する薬剤です。

 

短時間ですが強烈にはっきりと作用するのが特徴です。

 

ですから、

 

「最近勃起しない。だけど、今夜は勝負だからどうにかしなくてはならない」

 

このような方が選択するのは「ED治療薬」になります。

 

当然、数日後ED治療薬の効果がなくなれば、また薬を飲まなければ勃起不全状態になります。

 

それに対し、これまで紹介してきたシトルリン、アルギニンは「即効性」を期待するものではありません。

 

  • 「最近性欲がいまいちなくなってきた」
  • 「勃起するにはするけど、なんだか弱い」
  • 「あまり快感が得られない」

 

こういった方がサプリメントを服用することで、徐々に少しずつ「性欲が戻った」「勃起した時の力強さが戻ってきた」「SEXがとても気持ちよくなってきた」という状態に持っていくために、ある程度の長期的視野を考慮して服用するものです。

 

例えばコレステロールが高い方が、コレステロールを低くする医療用医薬品を服用すれば、すぐにコレステロールは低くなります。

 

これは、ここでいう「ED治療薬」に該当します。

 

薬以外の方法として、「食生活の改善」をしてもコレステロールは低くなります。

 

しかし、この場合は徐々に徐々に効果があらわれる感じですよね。

 

シトルリンやアルギニンといったサプリメントを服用することは、これと同じような感じです。

 

あくまでサプリメントは「食品」なので、医療用医薬品のED治療薬とは効果の出方が決定的に違うことを念頭に使用していきましょう。

 

 

シトルリンとアルギニンを手に入れる方法

Thumb to reach

シトルリンとアルギニンを手に入れる方法は大まかにいって3通りです。

 

  1. マツモトキヨシやスギ薬局などの街中にあるドラッグストアに足を運び、実際の商品を手にして確認しながら購入する
  2. インターネットから口コミや使用者の評判などを参考に購入する
  3. 「あかひげ薬局」などの精力剤専門店に足を運び、店員に相談しながら購入する

 

①が最も早く、かつ安価なラインナップの中から安全に商品を手に入れる方法でしょう。

 

しかしながら、サプリメントの服用目的が「精力増強」「勃起力向上」という観点からみて、物足りないケースが出てくるかもしれません。

 

②のインターネットからの購入は最も多くの種類から、サプリメントの購入が可能となります。

 

参考となる口コミや使用者の実際の使用感なども情報としてはたくさんあるので、それも考慮することが出来ます。

 

しかし、インターネットからの購入は稀に偽物が流通していたり、届くまで時間がかかってしまうケースがあったりします。

 

また、口コミや評判もあくまで個人の使用感であり、個人差があるものなので、全く参考にならないケースがある、ということを念頭に置いておく方が無難です。

 

③の「精力剤専門店」はドラッグストアには置いていない、効果がしっかり発揮される商品がラインナップされているのが特徴です。

 

また、専門店に在籍する店員に具体的な相談が出来るのも嬉しいところです。

 

「精力増強」といっても色々な側面があります。

 

例えば「性欲そのものが減少しているのをなんとかしたい」であったり、「勃起力そのものをもっと強くしたい」であったり、「精液を増やしたい」「もっと快感を得られるようにしたい」といったものもあるでしょう。

 

そういったニーズにどこまで完璧に応えて商品を案内してくれるかはわかりませんが、少なくともドラッグストアで一人で決めるよりは、より満足できる商品を購入出来るでしょう。

 

問題はそういった精力剤専門店が近くにあるのか、ということと、商品によっては非常に高価なものになってします、という点があげられます。

 

どのように手に入れるかは個人それぞれ異なると思いますが、それぞれメリット、デメリットがあるので、冷静に考慮して決めるようにしましょう。

 

外部リンク:サプリメント

 

精力剤・サプリに関連する記事