公開日

更新日 18年09月07日

シアリスのジェネリック医薬品を通販で購入する方法と注意点

シアリスは、先に販売開始されていたバイアグラやレビトラの短所を補う形で開発されたED治療薬です。まだ日本ではジェネリックが認められていないので値段が高く、購入するためには病院で処方箋をもらう必要があります。しかし、海外ではシアリスのジェネリックが発売されており、通販を利用すれば日本に住んでいても購入できます。そこで、シアリスのジェネリックを通販で購入する方法と注意点をご紹介します。

 

シアリスのジェネリックは通販で買える

Thumb ossann

シアリスはまだ日本ではジェネリック医薬品の販売が開始されていないため、日本製のものを購入する場合はジェネリックではないシアリスしか選択肢がありません。しかし、海外ではシアリスのジェネリック医薬品がすでに販売開始されていて、通販を利用して個人輸入をすれば入手することもできるのです。

シアリスとは

シアリスは2003年にアメリカのイーライリリーという製薬会社が販売を開始したED治療薬です。日本では2007年9月に、バイアグラ、レビトラに続いて販売開始されたので「第三世代のED治療薬」と言われています。

シアリスの最大の特徴は持続時間の長さです。バイアグラやレビトラは、シアリスよりも即効性がありますが、その分効果が短いという難点がありました。バイアグラとレビトラは服用してから効果が持続する時間が5~6時間ですが、シアリスは24~36時間も継続します。

 

ED治療薬を使用したい場面は性行為をするタイミングですが、バイアグラやレビトラの使用する場合には性行為に至るまでの時間を正確にコントロールしておかないと、せっかく服用したのに効果が切れてしまうという難点があったのです。

 

この2つのED治療薬と較べてシアリスははるかに効果の持続時間が長いので、「もしかしたら今日デートをしてうまく口説ければセックスする流れになるかもしれない」というようにセックスするタイミングが曖昧な時でも利用しやすいのです。

 

また、シアリスは食事とアルコールの影響を受けずに作用するという特徴があります。実は世界で初めて開発されたED治療薬であるバイアグラは、空腹時に服用しないと効果が発揮されにくいという難点がありました。

 

バイアグラを服用して性行為をするときには、その前に空腹状態でバイアグラを服用しないといけないということです。だから食事をしてからバイアグラを飲み、それから性行為をするという自然な流れでは利用しにくいのです。

 

また、バイアグラはアルコールとの併用が禁忌で、併用してしまうとバイアグラの効果が弱まってしまったり、逆に血流がよくなる効果でアルコール中毒になったりしてしまう可能性があるのです。だから「女性と一緒にお酒を飲んでそれからホテルに誘う」というような流れで服用することもできません。

 

バイアグラの後に販売開始されたレビトラは、バイアグラの欠点が弱まっていて、食事やアルコールの影響を受けにくくなっています。それでも、レビトラは極力空腹時に服用したほうが効果が出やすく、アルコールもほろ酔い程度であれば基本的には問題ありませんが、効果が弱まってしまう可能性もあります。

 

そしてレビトラの後に販売開始されたシアリスは、レビトラよりもさらに食事やアルコールの影響を受けないように改良されているのです。だからシアリスを服用するのであれば、バイアグラやレビトラを服用するときのように食事やアルコールのタイミングと量を気にする必要がないというメリットがあります。

さらにシアリスは副作用が弱いというメリットもあります。実はED治療薬が体内で作用する原理は基本的には同じで、体内で放出される「PDE-5」という成分を抑える働きがあります。PDE-5は射精後や性的興奮が収まったタイミングで勝手に体内で放出される物質で、勃起を抑える働きをします。

 

このPDE-5が射精後などのタイミング以外でも大量に放出されるようになってしまうとEDになるのです。PDE-5が体内で放出されると、勃起を促進するために血管を拡張して血流を促進する「サイクリックGMP」という成分の働きが弱まります。

 

ED治療薬を服用するとPDE-5が放出されずにサイクリックGMPが作用し続けることになるので、血流がよくなり勃起が持続するようになるのです。血流がよくなるのは性器だけではないので、ED治療薬の副作用は血流がよくなりすぎてしまうことによって引き起こされます。

 

主な症状は頭痛や目の充血、顔の火照りなどで、血流がよくなる以上はこのような副作用を完全に抑えることはできません。ただ、シアリスはバイアグラやレビトラよりも緩やかに体内に吸収されるので、このような副作用が急速にあらわれる可能性が低いのです。

 

シアリスのジェネリックとは

ジェネリック医薬品はED治療薬以外の普通の医薬品の世界にもあり、最近では一般的な薬局で処方してもらえるようになっているので、使用したことがある方も多いでしょう。ジェネリック医薬品とは、新薬が開発販売されてから一定の期間を過ぎた後に販売される、

 

新薬と同じ成分で同じ効果をもった医薬品のことです。新薬の開発には膨大な時間と開発費用がかかるので、開発した製薬会社などの利益を保護するために成分や製法の特許を取得します。そして、特許期間は他の製薬会社などがジェネリック医薬品を販売できないのです。

 

ジェネリック医薬品のメリットは開発費などがかかっていない分、製造費用が抑えられていて、価格が安いという点です。

 

シアリスは、日本では2007年の9月に販売が開始されました。残念ながら日本ではまだシアリスの特許期間が終了していないので、ジェネリック医薬品は販売されていません。ただし、特許制度は国によって定められているので、海外ではすでにシアリスのジェネリック医薬品が販売されている地域があるのです。

 

実は日本以外の世界各国も日本と同じような特許制度なのでシアリスのジェネリック医薬品はまだ無い地域が大半なのですが、インドだけは特殊な特許制度だったのですでにシアリスのジェネリック医薬品が販売されています。だからシアリスのジェネリック医薬品を購入したい場合はインド製のものを通販で個人輸入することになります。

 

国内でシアリスを買うなら診察が必要

日本国内で日本製のシアリスを入手したい場合は、病院にいってEDの診察を受ける必要があります。診察をしてもらって持病や既往症などへの影響も考慮した上で、医者の判断がおりればシアリスの処方箋をだしてもらえるのです。

 

シアリスは保険適用外の医薬品で、一般的な風邪薬などよりも価格が高く、病院が自由に価格を決められるので価格のばらつきもあります。シアリスを病院で処方してもらう場合、10mgなら1錠1,700円、20mgなら1錠2,000円程度が相場です。それ以外に病院の初診料と診察費用が発生するので、1万円前後はかかると考えておきましょう。

 

病院で診察して処方してもらうためには、自分の症状を医者に説明して診察をしてもらわないといけないので、恥ずかしいと感じる方も多いと思います。また、診察の結果、シアリスを処方してもらえない可能性もあります。

 

とはいえED治療薬を利用するにあたって副作用や使用方法に不安がある方は、医者に診てもらえば不安が軽減されるという面もあります。だからED治療薬の利用に不安がある方の場合、最初は病院で処方してもらい、慣れてきたらジェネリック医薬品を個人輸入して使用するという方法もあります。

 

なお、ED治療薬として有名なバイアグラはすでに日本でもジェネリック医薬品が解禁されています。ジェネリックではないバイアグラは25mg1錠で1,500円、50mg1錠で1,800円~2,000円程度なので、シアリスとそれほど違いはありません。

 

しかしジェネリックのバイアグラなら病院で処方してもうえば25㎎1錠で780円、50㎎1錠で980円なので、シアリスと較べても半分程度の出費で済みます。ただし、バイアグラはシアリスよりも効果の持続時間が短く5~6時間程度しか効きません。

 

また、空腹時に服用しないと効果が得られにくく、アルコールとの併用も副作用の危険性が高まるので避けなくてはいけません。だから単純に価格が安いという理由だけでバイアグラのジェネリック医薬品を使用することはあまりオススメ出来ないのです。自分がED治療薬を利用する状況や目的を考えた上でバイアグラが適切だと思える場合は、バイアグラのジェネリック医薬品を利用しましょう。

 

 

通販ならジェネリックも買える

シアリスのジェネリック医薬品を買いたいときに、自力でインドの製薬会社と連絡をとり買い付ける必要はありません。インターネット上にはED治療薬の購入を手助けしてくれる通販サイトがあります。通販サイトを利用すれば英語などの外国語を使う必要もありませんし、amazonや楽天市場でショッピングをするのと同じように、簡単にジェネリック医薬品を入手できます。

 

EDはなかなか他人に相談しにくい悩みなので一人で抱え込んでしまう方も多いのですが、通販であれば誰にもバレずにED治療薬を購入できます。インドから飛行機で輸送されて空港経由で自宅に郵送されるのですが、輸送は全て通販サイトが代行してくれるので自分は家で待っているだけで大丈夫です。だから誰にも知られずに手軽に、しかも安くED治療薬を手に入れたいのであれば通販サイトがとても便利なのです。

 

なお、海外でもジェネリックではないシアリスが販売されているので、通販でシアリスを購入もできます。ただし、ジェネリック医薬品があるインドでもシアリスはジェネリック医薬品よりも価格が高いので、わざわざ購入するメリットはありません。ジェネリック医薬品はシアリスと同じ成分なので、ジェネリック医薬品だからと言って効果が弱いわけでもありません。

 

通販で買えるジェネリックの相場

ジェネリック医薬品はシアリスよりも安く入手出来ます。個人輸入をする場合は輸送費などもかかりますが、それでも病院でシアリスを購入するよりも安くなります。ジェネリック医薬品は複数あるので、商品によって値段はことなりますが、代表的なシアリスジェネリックの価格をご紹介します。

タダリス

シアリスのジェネリック医薬品のなかでも特に有名なのがタダリスです。価格は20mg1錠で500~700円程度が相場です。

メガリス

メガリスはインドのマクローズ社が販売しているジェネリック医薬品で、20mgで1錠500~600円程度です。

タダシップ

タダシップも有名なシアリスのジェネリック医薬品で、価格は20mg1錠で400~500円程度です。

ご紹介した通り、シアリスのジェネリック医薬品の相場はだいたい20mg1錠で400~700円程度です。日本の病院で処方して貰う場合には、20mg2,000円が相場なのでいかにジェネリック医薬品が安いかわかると思います。

 

ED治療薬が必要になるのは性行為をする場面ですが、性行為は一回きりのものではなく、何度もするものです。だからこそ継続的に利用することになるED治療薬の費用は出来る限り安いに越したことはありません。1回あたり2,000円かかるシアリスに比べればジェネリック医薬品の方が財布に優しいので、長期的に利用する方には通販サイトでの個人輸入をオススメします。

 

なお、シアリスのジェネリック医薬品であればED治療薬としての有効成分であるタダラフィルが含有されていることは間違いありませんが、それ以外の成分は商品ごとにことなります。だから、同じジェネリック医薬品でも「自分の体に合う」商品というものがあるので、購入した商品が自分に合わないと感じた場合は別のジェネリック医薬品を購入しましょう。

 

通販で購入する時の手順

海外からの個人輸入と聞くと難しい手順が必要になると感じてしまう方もいるかもしれません。しかし、ED治療薬の通販サイトでの手続きはとても簡略化されているので、amazonなどでネットショッピングするときとほぼかわりません。

通販サイトで商品を選ぶ

まずは通販サイトにアクセスして、購入したい商品を選択します。

支払い

支払いはクレジットカードであれば問題なく行えます。銀行振込に対応しているサイトもあるので、自分の都合が良い方法を選びましょう。

配送

購入時に郵送先の住所を記入するので、あとは配送されるまで待つだけです。配送されるまでの期間はだいたい2週間~1ヶ月程度ですが、日本国内での輸送ではなく海外からの輸送になるのでスケジュールがずれることもあります。だから通販で購入する場合は、使用するタイミングまでの期間を十分にとって注文しましょう。

ジェネリックを通販で個人輸入する時の注意点

Thumb medicine water

通販で海外から個人輸入をするのは、日本国内で医者から直接もらうよりも不安を感じるという方も多いでしょう。今やED治療薬の個人輸入はたくさんの男性が行っていることなので必要以上に恐れる必要はありませんが、それでも注意点を理解して利用しましょう。

 

通販で個人輸入するのは犯罪ではないが要注意

シアリスのジェネリック医薬品を個人輸入するのは合法です。医薬品を海外から購入すること自体が違法行為なのではないかと思う方もいるかもしれませんが、まったく違法性はないのでご安心ください。麻薬や向精神薬などは輸入禁止ですが、シアリスのジェネリック医薬品は輸入が許可されている医薬品なのです。ただし、シアリスのジェネリック医薬品を輸入するときには、個人で利用する範囲ではないと違法になるので気をつけましょう。

1度に通販で個人輸入可能な分量

個人が一度に輸入できるのは、「1ヶ月の使用量」だけです。シアリスの場合、定められている容量は「1日1錠」なので、1回の購入では30錠までしか購入できないということです。多くの通販サイトでは30錠以上はそもそも購入できないように制限されるので、知らぬ間に違反してしまう可能性はほとんどありません。ただし、複数のサイトを利用するなどして1ヶ月の間に30錠以上購入してしまうと、違法行為になるので絶対にやめましょう。なお、シアリスのジェネリック医薬品は有効成分であるタダラフィルの含有量に従って同じ商品でも5mg、10mg、20mgの3種類あるものが多いのですが、どの規格であっても30錠までしか購入できません。

通販で購入したものを販売や譲渡するのは禁止

個人輸入したシアリスのジェネリック医薬品は、個人利用以外の用途では使用できません。だから、輸入した商品を販売したり、友達に分けてあげたりしてはいけません。販売や譲渡をするためには厚生労働省に届け出を出さなければならず、それを怠っていると違法行為になります。だから、個人輸入をするときに通販サイトで個人情報を申告するのを嫌がって、妻や彼女の名前を使用するのも絶対にやめましょう。なぜならシアリスは男性が服用する医薬品なので、女性の名前で購入すると「個人利用以外の用途」と判断されてトラブルになってしまう可能性があるのです。

 

通販で購入したジェネリックの使用は自己責任

シアリスのジェネリック医薬品は、日本国内の病院で処方してもらうよりも安く入手できますが、使用にあたっては全て自己責任なります。日本ではシアリスは薬局で市販さておらず、必ず医者の処方箋が必要になります。つまり、日本の薬事法の基準に従えば消費者が自己判断で使用することは認められていないということです。もちろんED治療薬の個人輸入をしている男性は大量にいて、用法用量をまもって使用している限り大きなトラブルが発生する可能性もほとんどありません。それでも、市販の風邪薬のように気軽に飲めるものではないと理解しておきましょう。

もし使用にあたって不安が大きい場合には、まずは医者にいって診察を受けてから正規のシアリスを処方してもらったほうが良いでしょう。そしてシアリスの服用をしても副作用などのトラブルがなければ、それ以降は通販で個人輸入するという手段もあります。通販で購入して服用する場合でも、最初はできるだけ容量が少ないものを選んで、自分の体に異常がないか確かめておきましょう。

 

通販で購入すると日本語の説明書がない

通販で購入するジェネリック医薬品はインド製なので、日本語の説明書はついていません。また、通販向けの商品なのでそもそも説明書がないものも少なくありません。シアリスの服用は水などの飲み物と一緒に服用するだけなので、特別な説明書が必要なわけではありませんが、用法用量を必ず守りましょう。また、バイアグラのように服用するタイミングに気を使う必要はないのでいつでも飲めますが、体調が悪いときの服用や容量を超えて服用するのは避けましょう。

 

通販で購入する場合はニセモノや粗悪品に気をつけよう

通販で個人輸入する場合は、ニセモノや粗悪品を購入させられてしまう可能性があります。残念ながら日本国内のように医薬品の製造ルートや流通経路が整備されているわけではなく、自分で直接販売者に合うことも出来ないので、このような被害が完全になくなることはありません。

 

ます通販サイトで購入する場合は、シアリスのジェネリック医薬品としてご紹介したタダリス、メガリス、タダシップなどのように日本でも有名で使用者が多い商品を選びましょう。検索してみてもまったく日本語での情報がみつからないようなジェネリック医薬品はニセモノや粗悪品である可能性たかまります。一方で、日本での使用者多く、体験談や口コミが多い商品であれば騙される可能性も低くなるのです。

 

ニセモノの場合、商品のパッケージや薬の形状、色合いなどが本物と異なります。こればかりは実際に手元に届くまではチェック出来ないので、商品が到着したらインターネットで同名の商品を検索して、本物と見た目の違いがないか調べましょう。

 

もしニセモノであった場合、有効成分がまったくふくまれていないただの錠剤である可能性が高いのです。より悪質な場合は、シアリスではない別の薬品が送られてくることもあります。そういう商品はパッケージも商品名も見た目も全く違い、服用してしまうとその薬の効果があらわれてしまいます。

 

それが自分の体に害がある可能性も否定できませんので、ニセモノだと判断したら必ず服用せずに処分しましょう。見た目が全く同じでも不安がある場合には、まずは少量だけ服用して副作用などなければ徐々に容量を増やしましょう。

 

ニセモノや粗悪品を掴まされないためのコツとして、規格外の商品は購入しないという対策もあります。日本と同じように海外でもシアリス及びそのジェネリック医薬品は5mg、10mg、20mgの3規格が一般的です。そして、海外では2.5mgや50mgなども販売されています。

 

しかし、特に容量が多い商品は正規品ではない可能性が高いので極力避けましょう。ED治療薬を個人輸入して利用する場合、容量を調節するために20mg錠をピルカッターなどで割って使用する方もいます。

 

そして容量が多いものを購入すれば、それを分割して使用することよって費用が抑えられると考える方も多いのです。しかし、通常の規格よりも多い50mg錠などはニセモノや粗悪品である確率が非常に高いので、無用のトラブルに巻き込まれないためには避けたほうが無難です。

 

まとめ

Thumb adventure money

シアリスは日本では医者の処方箋がないと購入できないので、購入する場合は病院にいって診察を受ける必要があります。また、シアリスは保険適用外の医薬品で、ジェネリック医薬品も日本では販売されていないので普通の風邪薬などよりも価格が高く、1錠で2,000円程度かかります。

 

病院で診察を受ける場合はシアリスの薬代だけではなく、診察費用もかかってしまうので、継続して利用する場合は財布への負担が大きくなってしまうのです。しかし、通販を利用して海外のジェネリック医薬品を個人輸入すれば、費用を抑えてシアリスと同等の効果がある商品を入手できます。

 

海外からの個人輸入といっても決して難しいものではなく、通販サイトを利用して購入すれば、日本でネットショッピングをするのと変わらない手間でジェネリック医薬品を購入できます。

 

ただし、シアリスのジェネリック医薬品を個人輸入して使用する場合は、医者から診断を受けるわけではないので、使用にあたっての副作用やトラブルがおきないように自己責任で注意しなくてはいけません。

 

また、シアリスのジェネリック医薬品の個人輸入は、自分が利用する範囲でしか許可されていないので、1ヶ月の使用量である30錠以上の購入や、購入した商品の販売と譲渡は絶対にやめましょう。

 

残念ながら海外製品の中には粗悪品やニセモノもあるので、手元に届いた後に必ず本物かどうかを確認し、少しでも怪しいと感じたら服用せずに処分しましょう。これらの点に気をつければ、通販でジェネリック医薬品を購入することによって、安く、楽に、誰にも知られずに入手できます。

ジェネリック・通販に関連する記事