公開日 18年11月08日

更新日 18年11月11日

シアリスを購入するならクリニック?ネット?賢い購入方法を伝授します

ED治療薬の中でも長時間の持続が期待されているのがシアリスです。他のED治療薬よりも長時間持続するので、飲むタイミングに関して融通が良く、人気を集めています。

 

そんなシアリスですが購入する場合どこで購入するのが良いのかを調べてみました。どこで入手するシアリスが安心できるのかやネットで見かけるシアリスの事情等まで掘り下げてチェックしてみたので参考にして下さい!

 

シアリスはネットで購入できるけど、控えるべき

Thumb doctor yubi

シアリスを購入したいと考えている男性は多いことでしょう。ED治療薬の中でもシアリスの人気は高いです。クリニックによってはメーカー在庫を切らしており、購入できない所もあります。

 

そのため、ネットで気軽に購入したいなと考えている男性も多いのではないでしょうか。シアリスに限らず、どのような物でもネットで気軽に購入できる時代です。

 

あれこれ深く考えず、「とりあえずネットで」と考える人が増えているのはそれだけネットで物を購入することが当たり前になっていることを意味していますが、そんな時代であってもシアリスを購入する場合、ネットではなくクリニックに行くべきです。

 

ネットはとても便利なものですが、シアリスの購入に関してはネットは控えるべきです。

シアリスに限らず、薬に関しては自分だけで判断するのではなく、医師の判断を仰ぐべきなのでネットでは控えた方が無難です。

 

ネットで薬を購入した場合、大前提として自己責任です。もしもですが、シアリスに限らずどの薬でもネットで購入したものを飲んで何か起きたとしても誰のせいなのかと言えば自分自身の責任です。

 

医師が薬を処方するのは患者の様子、症状、服用量を考えているからに他なりません。特にシアリスは薬です。ED治療薬も薬なので、副作用もありますし他の薬と併用して良いのかまで必ず確認しておかなければなりません。

 

素人判断では決して簡単ではありませんし、仮に何か起きて取り返しのつかないことになってしまったとしてもすべては自己責任なので「ちゃんとクリニックに足を運んでおけば良かった」と思っても後の祭りです。

 

ではシアリスのジェネリックでも同様です。実はシアリスはジェネリックがありません。

「ネットで見た」「販売されている」と思う人もいるかもしれませんが、厳密にはシアリスにはジェネリックはありません。ジェネリックは著作権が切れてから販売されるものですが、シアリスの特許は2004年4月に出願されています。ジェネリック解禁までは20年必要なので、一般的に考えるとシアリスのジェネリックが登場するのは2020年の4月です。

 

つまり、それ以前に販売されている「シアリスのジェネリック」と銘打たれているものは違法である可能性がとても高いです。

違法である以上、有効成分も含まれているのか分からないだけに、ネットでは残念ながらシアリス、そしてシアリスのジェネリック共に購入しない方が良いものなのです。

 

シアリスのジェネリックはインド製

Thumb doctor woman annnai

シアリスのジェネリックは登場していません。それでも「いやいや、ネットで見かけた」という人もいるでしょう。シアリスのジェネリックはネット上にあります。

 

しかし、考えられるのはインド製のジェネリックか違法品です。著作権が切れていない以上、インドの会社のジェネリックも違法では?と思うかもしれませんが、こちらは少々事情があります。

 

裏を返せばインドの会社以外のシアリスのジェネリックは違法です。違法である以上、そこには「責任」がありません。

 

また、インド製のジェネリックを購入する場合、当然ですが並行輸入になります。代行業者という手もありますが、インドの業者とのコミュニケーションは行えるでしょうか?

 

インドのものが全ておかしなものだとは言いませんが、並行輸入のハードルは決して低くはありません。

 

インドで認められている理由

 

他の国では認められていない薬のジェネリックがなぜインドだけで認められているのかというと、国際情勢も関係しています。

 

貧困等の問題もあり、世界では安い薬が求められています。いわゆる「国境なき医師団」は世界で貧困層の子供達の治療を行っていますが、その際に求められるのがジェネリックでした。

 

しかし、権利関係もあるのでジェネリックがないものもあります。そこでインドの製薬会社がジェネリックを開発したのです。いわば「貧困層治療のために」という大義名分があるため、権利が切れていない薬のジェネリックも「黙認」されているのです。

 

その流れの中で、貧困層への治療には必要のないものまでもがジェネリックとして登場しているのです。

 

そもそもシアリスを必要とする子供などいません。シアリスのジェネリックなど必要ないのですが、様々な薬のジェネリックが登場しているだけに、シアリスのジェネリックも登場し世界で流通することになってしまったのです。

 

シアリスのネット流通品は成分がおかしい

Thumb man kinnsi

本来とは異なる成分が含まれている可能性もあります。バイアグラジェネリックのように、実際には含まれている成分が全く異なっていたというケースも考えられるだけに、シアリスのジェネリックには手を出さない方が無難です。

 

そもそも薬にどのような成分が含まれているのかは医師であっても見た目だけで判断することは出来ません。

 

含まれている成分は専門の機器が揃っている研究施設でチェックしてこそ分かるものです。

一般市民が薬だけを見て判断できるものではありませんので、手を出さない方が無難です。

 

クリニックに行くのは面倒だからとネットで済ませたい気持ちはよく分かりますが、少しの手間を惜しんで自分自身の身に何かあったとしてもすべて自己責任です。

 

ネットでの購入の場合、すべて自己責任

Thumb teacher setumei

ネットでの購入の場合、すべて自己責任であることも覚悟しておかなければなりません。

特にシアリスのジェネリックの場合、保証など用意されていません。

 

もしも購入したシアリスのジェネリックを服用して副作用に悩まされることになったり、あるいは成分がおかしいので全く想定していなかった症状に悩まされることになったとしても残念ながら自己責任です。

 

その後病院に足を運んで事情を話したとしても、同情されるとしても医師からも「自己責任だから」と言われるのが関の山です。

 

もちろん医師もしっかりと対処はしてくれるものの、何か起きてから慌てるのではなく、起きないよう努めた方が良いのは言うまでもありません。つまり、「安いから」「楽だから」という理由でネットで購入するのではなく、初めから医師の元に足を運んだ方が良いのです。

 

シアリスをクリニックで購入すべき理由

Thumb doctor annnai

シアリスを購入するのであればクリニックです。クリニックの方が良い理由は多々ありますが、クリニックで扱っているシアリスは正規品です。

 

さすがにクリニックの医師がインドから輸入したものを取り扱っていることはありません。

「医師」としての責任の元、メーカーから購入した正規品を取り扱っていますのでそれだけでもまずは安心感があるはずです。

 

また、クリニックの場合「自分が飲んでも大丈夫なのか」をしっかりと診察してくれます。

薬は副作用があるだけではなく、飲んでも良いものなのかどうかを判断しなければなりません。

 

仮にですが、飲んで症状の改善が見込めても他に大きな影響を及ぼすことが懸念されているのであれば医師は処方を止めます。当たり前の話ですが、医師は症状の治療よりも患者の身の安全を何よりも考えています。

 

飲んで体調が悪化することが分かっている薬の処方は行いません。これらの状況を冷静に考えると、ネットで自己判断・自己責任で購入するよりもクリニックで購入した方が良いと分かるはずです。

 

シアリスだけではなく、レビトラやバイアグラといった選択肢もあります。患者の状態に合わせてベストの判断を下してくれるのが医師である以上、安心して任せられるのです。

 

クリニックまで足を運ぶのが面倒な人も多いかもしれませんが、クリニックによっては二回目以降郵送してくれるところもありますし、軽い問診だけで終わる所も多いです。

 

いくらED治療薬を処方してもらうからといって、局部を医師に診察してもらうことはありません。

 

院内処方してくれているクリニックも増えていますので、受付からシアリスを手に取るまで10分かからないクリニックさえ珍しくないことを考えたら、「面倒」ではないはずです。

 

これだけ手軽に処方してもらえることを考えると、ネットでリスクを冒してまで購入するよりも、クリニックを頼った方が断然良いことが分かるのではないでしょうか。

 

シアリスには併用禁忌薬がある

Thumb saya doctor

シアリスに併用禁忌薬がある点もシアリスをクリニックで購入した方が良い理由です。併用禁忌薬はシアリスに限らず、多くの薬にあります。医師であれば薬と併用禁忌薬を把握しているので安心です。

 

シアリスの併用禁忌薬は硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬です。「それだけなら覚えられる」と思うかもしれません。

 

しかし、これらは成分の話であって、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬はアデムパスだけですが、硝酸剤に関しては多くの製品で使われています。それらを全て把握するのは簡単ではありません。

 

硝酸剤が使われている薬の一例として、ジドレンテープ、イソコロナールRカプセル20mg、一硝酸イソソルビド錠、メディトランステープといったものです。これらを自分だけで把握するのは簡単ではありません。

 

もしもですが、併用禁忌薬を服用している患者が何も知らずにネットでシアリスを購入して服用すれば、体に悪影響を及ぼすことになるのは言うまでもありません。

 

医師であればそれらの事実は当たり前のように把握しているので問題ありませんが、個人で併用禁忌薬のすべてを把握するのは簡単ではありません。

 

この事実だけでも、シアリスは医師の処方の元で購入した方が良いのです。シアリスを処方してもらう際、軽い問診がありますが、そこで飲んでいる薬も報告します。

 

仮に併用禁忌薬がある場合にはシアリスを処方してくれません。シアリスが欲しい人にとっては残念ですが、シアリスを飲んだら体の危機が待っていることを考えると、医師の判断は間違いではないのです。

 

シアリスには既往歴や血圧によって処方が変わる

Thumb doctor kaunnsering

シアリスには併用禁忌薬だけではなく、既往歴によっても処方可能かが変わります。例えば心筋梗塞の場合、発症から3か月以上が経過していれば処方してもらえます。

 

つまり、心筋梗塞発症から3ヶ月以内の場合、残念ながらシアリスは処方してもらえません。

 

脳梗塞や脳出血については半年が必要です。さらに、血液透析中の場合、シアリスを割って5mg、あるいは10mgずつなど慎重に投与して経過を観察することになります。

血圧の数値も影響します。

 

低血圧の方は最大90mmHg未満か最小50mmHg未満の場合、処方ができません。高血圧の場合、最大170mmHg以上、あるいは最小100mmHg未満の場合処方ができません。

 

薬でコントロールしている場合は可能ですが、これらの数字も医師であれば把握していますが、一般市民にとっては分からないことです。

 

他にも網膜色素変性症も処方が不可など、これまでの症状によって処方できないケースがあります。

 

もしもですが、これらに当てはまる患者が自己判断でネットで購入したシアリスを購入した場合、何が起きても自己責任です。

 

シアリスには副作用がある

Thumb doctor woman monsinhyou

シアリスには副作用もあります。国内のデータでは257症例中70。およそ27.2%に副作用が確認された計算になりますので、およそ4人に1人は副作用が出ることになります。

 

発疹や蕁麻疹、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎やStevens-Johnson 症候群が主な副作用です。他にも少数派ながら頭痛、紅潮、動悸、めまい、睡眠障害も確認されています。

 

これらの症状で悩んでいる場合、シアリスの服用によって持病の悪化も懸念されます。いくら併用禁忌薬に指定されていないとはいえ、副作用のことまで考えると、シアリスを服用する際には自分がどのような薬を服用しているのかを判断してくれる医師に相談すべきです。

 

副作用に関しては必ず発症する訳ではありませんが、何が起きるか分からないからこそ慎重に考えなければなりません。

 

服用して良いのかだけではなく、既往歴から副作用のリスクまで考慮してくれる医師に相談した方が安心してシアリスを服用できます。

 

医師に処方してもらう方が無難

 

医師はただ単に知識を持っているだけではなく、様々な患者と向き合っていますのでED治療に関するノウハウを持っています。

 

他に同じような症状で悩んでいた患者がいないかを確認し、シアリスを処方して良いのかを考えます。

 

もしもですが、限りなく同じような症状の患者がいればシアリスを処方すればどうなるのかある程度分かっているだけに、安心感も抜群です。

 

医師は社会的な責任もありますので、患者一人一人と真剣に向き合ってくれます。処方しても良いのかだけではなく、処方してからのことまで真剣に考えてくれるので、万が一何かあったとしても安心感があります。

 

自分でネットでシアリスを購入した場合と安心感が違いますので、シアリスを入手するのであればクリニックの方が良いでしょう。

 

シアリスを購入できる場所は?

Thumb doctor gimon wakai

シアリスはクリニックで購入すべきですが、一口に「クリニック」と言っても多々あります。

 

ED治療専門のクリニックもあれば、ED治療も行っているクリニックなど多種多様です。

それだけに、どのクリニックで購入するのかも大切です。

 

また、シアリスはクリニックによって微妙に値段が異なります。保険適用外の治療になりますので、シアリスの売価は医師の自由です。

 

クリニックのホームページを見れば、シアリスの値段を表記してくれているところもありますが、それぞれ微妙に価格が異なりますし、価格以外にも異なります。

例えば初診料や再診料です。

 

医師に診断してもらう以上、診断料がかかるのは当然ですが、クリニックによっては初診料さえ不要の所もあります。

 

診察費は取らず、あくまでもED治療薬の売価のみのクリニックもあれば、診療費を支払う必要のあるクリニックもあります。

どのクリニックを選ぶのかは自分次第なので、ホームページや口コミなどをチェックし、総合的にどこで入手するのが良いのかを考えると良いでしょう。

 

特に近年、シアリスをはじめとするED治療薬を扱っているクリニックは増えつつありますので、市場競争も生まれつつあります。

 

患者側にとってはありがたいことなだけに、どのクリニックにすべきなのかを自分自身で選んでみるのも良いでしょう。そのためにはそれぞれの違いを把握することです。

 

シアリスを見ても、10錠セットだと格安になったり、あるいは1錠追加でサービスしてくれるところもあります。

 

つまり「シアリスはクリニックで」と言っても、そのクリニックも多種多様なので、それぞれの特徴を然りと把握することが大切です。

 

クリニックは一番無難です

Thumb doctor miageru

クリニックの中でもED治療専門のクリニックは安心感があります。近年はED治療とAGA治療を行っているクリニックが増えていますが、専門のクリニックが一番無難です。

 

なぜなら、専門のクリニックにはEDで悩んでいる患者しか足を運びませんので、症例が豊富です。

 

医師は患者の治療を通し、様々な症例を見ることで治療をより良いものにします。「モルモット」と言っては語弊がありますが、患者の症例や治療のプロセスは新しいデータとして治療ノウハウに蓄積されます。

 

専用のクリニックの場合、EDで悩んでいる様々な患者が足を運びますので症例が豊富です。そのため、正確な治療・アドバイスが可能です。

 

特に全国展開しているクリニックの場合、症例を店舗で共有しているのでEDに対しての理解も深いです。

 

どのED治療薬が良いのか、患者に合わせて提案してくれるのでシアリスが良いと思っていたとしても、レビトラやバイアグラの方が効果が出るのではと思われるときには適切にアドバイスしてくれます。

 

ただ単に薬を処方するだけのクリニックよりも、専門のクリニックの方が自分自身もEDに対しての知識も増えるので、専門のクリニックこそオススメです。

 

ED治療薬の取り扱いをチェックしよう

 

クリニックに足を運ぶ際には、どのようなED治療薬を扱っているのかをチェックしておきましょう。

 

ED治療薬にはシアリスだけではなく、レビトラやバイアグラもあります。バイアグラには正規のジェネリックもあります。

 

これらの中から自分にはどのED治療薬がぴったりなのかを考えると共に、クリニックにはどのED治療薬がラインナップされているのかも確認しておくと良いでしょう。専門のクリニックであれば大抵は全てのED治療薬を置いています。

 

シアリスの場合5mg、10mg、20mgがラインナップされていますがどの容量かはそれぞれクリニックによって異なりますので、ラインナップと容量も含めてしっかりとチェックしておくと良いでしょう。

 

 

患者心理を理解している

 

専門のクリニックの場合、患者心理をよく理解してくれています。例えば待合室では他の患者と顔を合わせないような設計にしているクリニックもあります。

 

専門のクリニックではなく、他にも様々な診察を行っているクリニックの場合、ともすれば待合室で女性と同席しなければならないケースもあります。

 

さすがに「ED治療でお待ちの患者様」とアナウンスされることはないものの、女性と同じ待合室では抵抗感もあることでしょう。

 

しかし専門のクリニックはそういった患者心理も理解していますので、安心してシアリスを購入できます。

 

症例が豊富です

 

症例が豊富だからこそ、相談が可能です。専門のクリニックの場合、様々な患者を診察していますので効果への期待値だけではなく注意点や具体的に自分が何を意識すべきなのかが分かります。

 

症例が多く集まっているということは、それだけ治療のノウハウが蓄積されていることを意味しているだけに頼りになるのは間違いありません。

 

特に専門のクリニックの場合、ED治療薬への知識だけではなく、男性器のメカニズムにも精通していますので、シアリスの服用だけではなく、日常生活など様々な角度からのアドバイスを受けられます。

 

泌尿器科等、一般の病院でも増えている

Thumb egao doctor

シアリスだけではなく、ED治療薬は泌尿器科など一般的な病院でも購入できます。

むしろ購入できる病院は増えつつあります。

 

専用のクリニックは治療に関しては文句なしですが、一方では立地の問題もあります。

 

都心部や大都市であれば専用クリニックは珍しくないものの、それ以外のエリアでは専用クリニックはまだまだ珍しい存在なだけに、専用クリニックを希望しても結局立地的な面から足を運ぶことが困難なケースも珍しくありません。

 

一方、普通の病院であればどのエリアにもありますので身近です。自宅周辺にED治療専用のクリニックが見当たらない場合、泌尿器科等をチェックしてみるのも良いでしょう。

 

一般の病院での注意点

 

シアリスなどED治療薬の処方を行っている病院は増えつつあります。ありがたい一方で、専用のクリニックではなく一般の病院でシアリスを購入する場合、いくつか注意しておくことがあります。

 

まず、ED治療を専門に行っている訳ではありませんのでED患者だけを特別視することはありません。

 

専用クリニックであれば患者のプライバシーを最大限に配慮してくれますが、一般的な病院の場合、他の患者と同じように待合室で待たされるものです。

 

女性、子供と一緒に待合室で待つこともあれば、治療薬の処方のみで男性器のメカニズムに関しては実はさほど詳しくないケースもあります。

 

処方してもらうだけであれば問題ありませんが、あれこれ相談したいのであればやはり専用のクリニックにすべきです。

 

まとめ

Thumb doctor good

シアリスを購入するのであればクリニックが一番だと分かっていただけたのではないでしょうか。

もちろんどこで購入するのも患者の自由ではありますが、「無難」を求めると共に、「安心」「安全」を求めるのであればクリニックです。

専門的な知識を持つ医師のアドバイスは、シアリスの購入だけではなく、EDそのものの改善にも役立つはずです。

 

ED治療薬に関連する記事