公開日 17年12月30日

更新日 18年09月22日

シアリスの料金は高価って本当!?購入時の2つの注意点とは

日本人男性の3人に1人がED(「Erectile Dysfunction 」=勃起障害)と言われる近年、ED治療は大きな課題と言えます。

 

そんなEDの治療薬といえばバイアグラが有名ですが、近年注目されているのがシアリスという治療薬です。

 

何故シアリスが注目されるのか?その効能は?値段は?そんなシアリスの気になる点をチェックしましょう!

 

ED治療薬の成り立ち

現在日本で正式に承認されているED治療薬は「バイアグラ」「レビトラ」そして今回ご紹介する「シアリス」の3種類で、最初にED治療薬として世に出たのが有名な「バイアグラ」です。

 

そもそもバイアグラはアメリカで狭心症の薬として研究・開発を始められたのですが、その際陰茎の勃起を促進させる作用が見つかり、狭心症の薬ではなくEDの治療薬として1998年にアメリカで販売したところ、大きな話題になりました。

 

日本でも一大ブームになっていたバイアグラですが、当時は日本で認可されていないことから個人輸入によって詳しい医師の説明もないまま購入し、併用禁忌薬である硝酸剤を服用している人によるバイアグラの使用で死亡事故が起こり、バイアグラは危険な薬であるという誤解が広まりました。バ

 

イアグラの誤用法による事故を避けるため、医師の診断、処方箋を必要とする医療用医薬品として1999年に日本でも正式にED治療薬として認可し、製造、販売されたのです。

 

その後2003年にドイツで開発されたのが「レビトラ」というED治療薬で、バイアグラは「食事の影響を受けやすい」という欠点があり、食事と性行為と服用のタイミングが難しかったのですが、レビトラはその欠点を解消することに成功しました。

 

つまりバイアグラより食事の影響を受けにくいED治療薬が誕生したのです。しかもレビトラはバイアグラをしのぐ即効性をもち、パッケージに描かれた、すぐに着火するというマッチの炎はそれを表しています。

 

日本でも2004年に正式認可されました。こちらもバイアグラ同様医療用医薬品なので医師の処方箋が必要となります。

 

シアリスの優秀な点とは?

3種類のEDの治療薬バイアグラ、レビトラ、そしてシアリス。その中でもシアリスは世界中で愛用され、今やバイアグラを抜き、世界一のシェアを獲得しています。

 

シアリスは他の治療薬と比べて何が違うのでしょうか。その最たるものは効果の継続時間。バイアグラが約4時間、レビトラが約8時間であるのに対し、シアリスは20㎎錠でなんと約36時間も効果が持続します。

 

金曜日の夜に服用すると日曜日の昼頃まで効果が持続することから「ウィークエンドピル」と呼ばれることもあるのです。

 

また、他のED治療薬であるバイアグラとレビトラは食事の影響を受けやすいため、空腹時の服用が望ましく、効果時間の関係上服用のタイミングが難しい反面、シアリスは食事の影響をほとんど受けないため、いつでも服用できるというメリットがあります。

 

シアリスがEDに効くメカニズムとは?

シアリスに限らず、バイアグラやレビトラなどのED治療薬は皆一様に仕組みは同じです。

 

男性器の勃起とは陰茎内部の海綿体と呼ばれるスポンジ状の器官に血液が溜まり、内部の圧力が高まることにより起こるものです。

 

血管を広げ、血流を促す環状グアノシン一リン酸の働きが必要なのですが、PDE5という酵素は環状グアノシン一リン酸を壊してしまうという特性があります。

 

なのでPDE5の働きが活発だと男性器の勃起に必要な環状グアノシン一リン酸が足りずに勃起できなくなってしまいます。これがEDの原因なのです。

 

なのでED治療薬にはPDE5の働きを阻害する成分が含まれており、PDE5の働きを阻害することで環状グアノシン一リン酸を守り、環状グアノシン一リン酸により血流を促し勃起へと導くのです。

 

ED治療薬の中でもシアリスは効果がゆっくりと長い間持続するため身体への負担も少なく、従来のED治療薬のように限られた効果時間に対する時間調整などの不安や焦りなどの精神的ストレスからも解放され、心身共に安定した形で性行為に望めるというメリットがあります。

 

服用は行為の前だけでOK

ED治療薬というものは日頃から常習的に服用するものではなく、性行為の前に服用するものなのですが、3種類のED治療薬には効果が出るまでの時間にも差異があるのです。

 

バイアグラは服用後およそ30分ほどで効果が現れ、効果の持続時間は約4時間。レビトラは服用後最短10分ほどで効果が現れ、効果の持続時間は約8時間。

 

シアリスは服用後1~3時間ほどで効果が現れ、効果の持続時間は約36時間。3つのED治療薬の即効性を見てみると、バイアグラとレビトラは短時間で効果が発揮されるのに対して、シアリスはスロースターターと言えます。

 

一見スロースターターであることは弱点にも見えるかもしれませんが、それは効果の持続時間を考慮して時間を気にせず服用しておけるという長所でもあるのです。

 

フレキシブルに使えるED治療薬という特徴が大きな支持を得ているのです。また前述したとおりシアリスは食事の影響をほとんど受けないという特性があります。

 

バイアグラとレビトラは食事の影響を受けやすいED治療薬で、効果を発揮させるためにはできるだけ空腹に近い状態での服用が望まれます。

 

食事が絡むデートなどにおいては狙ったとおりの時間に狙った効果を発現させるのがやや困難であるのに対して、シアリスは食事の影響を受けにくいED治療薬となっています。

 

早い段階で服用しておけば36時間という効果の持続弛緩を生かし、いつ性交渉の機会がやってきても余裕を持って対応できるのです。

 

これはシアリスに含まれている有効成分「タダラフィル」の特徴であり、タダラフィルは体に吸収されにくく、体から抜けにくいという特徴を持っているのです。

 

しかし、食事の影響が少ないとはいえ、食べ過ぎた体には効果が発揮されにくいとされていますのでご用心を。

 

特に800キロカロリーを超えるカロリー摂取の食事の後では本来の効果が出にくいとされています。

 

最も高い効果を期待するならバイアグラやレビトラ同様空腹時に服用するのがベストです。その後に食事を取っても影響は無いとされています。

 

また、男女関係の食事といえばアルコールが入ることも珍しくありません。アルコールの影響はというと、食事同様アルコールの影響を受けることはほぼありません。

 

むしろアルコールのもつ精神安定作用で気分がリラックスし、シアリスの効果が強く引き出されるという例もあるほどです。

 

しかし食事同様、飲み過ぎには注意を。アルコールの過剰摂取で神経伝達が鈍くなってしまうと性的刺激も受け取りづらくなります。

 

勃起力自体が低下し、シアリスの効果が発揮されないという結果に繋がりかねません。ただし、服用後24時間は再服用は禁じられているので注意しましょう。

 

大敵!?ED治療薬とグレープフルーツ 

通常、薬が人体に溶け込むメカニズムは服用した薬を体内の代謝酵素が分解することによって薬の効き目を薄め、調和させています。

 

ですがグレープフルーツに含まれるフラノクマリン成分はその代謝酵素の働きを阻害してしまい、その結果薬の分解が遅くなります。

 

より多くの薬が吸収されることで通常より強い薬の効果がでてしまい、それに伴う副作用も強く発現することになるのです。

 

ED治療薬も同様にフラノクマリンの影響を受けてしまうため、グレープフルーツと同時に服用すると、顔(頬)のほてり、目の充血、頭痛、めまい、鼻水、鼻づまり、動悸、色彩の変化、下痢などの副作用が大きくなってしまう可能性があります。

 

またED治療薬全般に備わる、血圧を下げる働きも大きくなってしまうこともあるため、グレープフルーツとED治療薬は同時に摂取すると大変危険です。

 

シアリスの上手な使い方

シアリスには5㎎錠、10㎎錠、20㎎錠の3種類の大きさがありますが、主に処方、流通しているのは10㎎錠と20㎎錠で、大きさが違う分、それに比例して効き目も変わります。

 

効果持続時間は10㎎錠でおよそ20~24時間、20㎎錠でおよそ30~36時間とされています。

ただし大きさによって効果時間に変化はあっても、効果が出るまでの1~3時間という時間は一律で変わりません。

 

10㎎錠で効果が無かったら20㎎錠を試してみるのも良いですし、20㎎錠を服用して頭痛などの副作用がひどいときは10㎎錠に変えて様子を見るのも良いでしょう。

 

シアリス20㎎はレビトラ20㎎、バイアグラ100㎎に相当する効果の強さがあるとされています。

 

どれが一番効果的かは体質に寄るところもあるので試しながら自分あった治療薬を選びましょう。違う薬の方が強い効果が得られるということもあるようです。

 

ちなみにシアリスを含め、ED治療薬というのは精神に影響を及ぼすものではないので、依存性はありません。

 

わかりやすくいうとED治療薬とは体内の血管機能の働きを改善し、血流を促す薬なので、定期的に服用することで血管の状態をよくするともいわれています。ただし24時間以内の連続服用はNGなのでご注意を。

 

シアリスの料金は高い?

そんな良いことずくめのシアリスですが、「いい薬なんだから値段は高いのでは・・・」と気になるのはそのお値段。他の治療薬と比べてみましょう。他の治療薬と比較してシアリスを購入すべきなのかを判断していきましょう。

 

シアリスの料金相場

20㎎錠

一錠約2,000円

 

10㎎錠

一錠約1,700円

 

他のED治療薬の料金は?

他のED治療薬と比較すると、バイアグラ25㎎が一錠で約1,300円、50㎎が一錠約1,500円、レビトラ10㎎が一錠約1,500円、20㎎が一錠約2,000円です。

 

シアリスの価格は3種類のED治療薬の中では最も高額であることが分かります。

 

経済的な負担が心配

最も高額なED治療薬であるシアリスですが、それは必ずしも経済的な負担に繋がるとは限りません。

 

なぜならED治療薬とは常習的に服用するものでは無く、性行為の前に服用するものなので経済的な負担に直結することは少ないでしょう。

 

ED治療薬は価格よりも自己にあった性能やメリットを重視して選ぶのがよいとされています。

 

 

購入時に注意したいこと

シアリスは催淫作用をもたらす精力剤とは違い、あくまでも性的刺激を受けた際の勃起補助剤であることを念頭に置いて下さい。

 

服用したからといって性的刺激がなければ効果時間内でも勃起は収まります。また、シアリスに限った事ではなく、ED治療薬には副作用が存在します。その症状として下記のものが挙げられます。

 

顔(頬)のほてり、目が充血する。頭痛、めまい、鼻水、鼻づまり、動悸、色彩の変化

下痢など。

 

これらはED治療薬の持つ血管を広げる働きによるもので、効果の現れた証拠でもあり、一時的なもので、シアリスは効果時間が長くゆるやかに現れるため、これらの副作用も出にくい傾向にあります。

 

軽度の副作用であればそのまま使い続けても問題はありませんが、副作用の影響が大きいと感じたらすぐに服用を止め、専門の病院やクリニックで診てもらいましょう。

 

また、ED治療薬には軽度な副作用の他に、個々の健康状態などによっては重篤な副作用を引き起こす可能性があります。

 

自分の体質に合うか?

シアリスには「肥満」「高血圧」「糖尿病」「うつ病治療薬などの副作用」によるEDに対しては効果が得られにくい場合があります。そういった場合は医師に相談しましょう。

 

シアリスで効果が得られなくとも、他のED治療薬によって効果が得られるケースもあります。

 

持病や既往歴がある人は要注意

シアリスには血圧を下げる効能が含まれているため、血液降圧剤を服用している類の持病がある方は利用出来ないケースがあります。

 

シアリスの降圧作用とその他服用している降圧作用のある薬とで予想以上の降圧作用が働き、最悪の場合、心筋梗塞や心臓突然死などをひき起こし、ショック死に至ることがあるからです。

 

次に挙げられる病状がある方はシアリスを服用してはいけません。

 

心臓関連の疾患により、ニトログリセリンなどの硝酸剤を服用している方。過度の低血圧症、または過度の高血圧症など不静脈の方。

 

狭心症のある方、性行為中に狭心症を起こした方。心血管系障害、虚血性心疾患などの理由で性行為が制限されている方。重度の肝臓障害、腎不全の方。網膜色素変性症の方。

 

また特定の既往歴(病歴)がある方も同様にシアリスを服用してはいけません。心筋梗塞の既往歴が3ヶ月以内にある方。脳梗塞や脳出血の既往歴が6ヶ月以内にある方。

 

絶対に飲みあわせてはいけない!「併用禁忌薬」

薬には特定の薬と一緒に服用してはいけない「併用禁忌薬」というものがあります。

シアリスなどのED治療薬には併用禁忌薬が多数存在しています。

 

れらと併用することで思わぬ重篤な健康被害をもたらすことになるので、自分が普段服用している薬とED治療薬を併用して良いかどうかを知りたいのならば、専門の病院やクリニックで診察、確認してもらいましょう。

 

病院で検査してもらうと安心

 

このようにシアリスを服用するにあたって注意するべき点があり、知らずに服用すると取り返しの付かない事態を招いてしまう事になりかねないのです。

 

なのでシアリスを処方、服用する際にはED治療を扱っている病院で相談、検査してもらうのが重要になるのです。

 

EDであることに気後れする気持ちもあるでしょうが、病院は親切丁寧に対応してくれるので大事に至る前に是非一度は病院を通しての処方をおすすめします。

 

個人輸入する場合

シアリスを購入する方法としては2種類あり、ひとつはED治療を扱っている病院、またはクリニックで処方してもらうというもので、もうひとつが通信販売を利用して海外のサイトから購入するというものです。

 

ED治療薬は医療用医薬品として指定されており、販売には医師の処方が必要となるので、コンビニエンスストアやドラッグストアなどでの購入はできません。

 

ですので一般的には病院やクリニックで処方してもらうことになるでしょう。ところがこれはあくまで日本の法律に則ったものであるため、海外の通販サイトを利用して個人輸入すれば違法ではないのです。

 

ですが、個人輸入には様々な問題があります。まずは言語や習慣の違い。これによりトラブルが起こることも少なくありません。

 

なのでそういった場合はトラブルを避けるため個人輸入代行サービスを利用することになります。

 

これは勝手のわからない購入者にの代わりに海外のサイトとやり取りをしてくれるという便利なサービスですが、この個人輸入代行サービスにも問題があるのです。

 

その問題とは主にふたつあり、ひとつは個人輸入代行サービスを通じて購入した品物は購入者本人のみで使用しなければならないということ。他人に売却、譲渡することは禁止されています。

 

もうひとつが購入可能な分量の上限が決まっていること。好きなだけ購入することが出来るわけではないのです。

 

服用し続けると耐性がつく?

継続して使用したとしてもシアリスに体が慣れて効果が現れなくなるということはありません。

 

それでも明らかに効果が弱まったと感じたら、それはEDを併発する病気が進行しているのかもしれませんので、病院やクリニックで診察を受け、先にそちらの病気を治すことを優先しましょう。

 

また、シアリスの効果が得られないという方は他のED治療薬であるバイアグラやレビトラを試してみましょう。

 

シアリスが効く効かないは体質に寄るところもあります。なので他のED治療薬に変えたら満足な効果が得られたということもあるのです。

 

安さよりも本物を選ぶ

それでは病院、クリニックで処方してもらうのと、海外サイトから購入するのとどちらの方法で購入するのがいいのでしょういか。

 

海外のサイトからは安価で医薬品を購入することができ、なおかつ通院の手間も省けるため、一見個人輸入で購入した方がいいように見えますが、そこにはリスクが潜んでいるのです。

 

それはインターネット上で販売、流通している治療薬はおよそ5割強が偽造品であるということです。

 

インターネット上では本物であるとか海外製のジェネリック医薬品であると記載されているものが偽造品であるというケースが非常に多いのです。

 

そのような偽造医薬品の製造現場は不衛生で、着色に非食用ペンキを使用していたり、製造過程において不純物が混入する場合があるなど、それを服用することで人体への健康被害が出たり、最悪、死亡するケースもあるのです。

 

また覚醒剤を密造している工場と同じ場所で作られている偽造医薬品もあり、覚醒剤が混入する恐れもあります。

 

偽造医薬品は有効成分の含有量が記載と異なっていたり、そもそも有効成分が含まれていないものもあり、品質の保証は出来ないのが現状です。

それに加え、偽造医薬品は正規品に非常によく似た色や形をしているものもあり、専門家でも見分けるのは難しいとされているほどです。

 

以上を踏まえて、ED治療薬の購入は病院やクリニックで処方を受け、正規のルートで確実に正規品を購入するべきでしょう。

 

手間や金額を惜しんで粗悪な偽造品をつかまされては、偽造品購入にあてた時間や金額を無駄にするばかりか、偽造品服用による健康被害という、二重被害を被る恐れがあるのです。

 

またジェネリック医薬品ですが、バイアグラは特許が切れたためバイアグラジェネリックの製造、販売が始まりました。

 

ですが、レビトラとシアリスの特許はまだ切れていないため正規のレビトラ、シアリスのジェネリックは販売されていません。

 

ところがネット通販にはレビトラやシアリスのジェネリックが紹介、販売されています。

これは何かというと、インドの製薬会社が製造しているものです。

 

インドは特許法において成分の特許が認められておらず、その結果製法を変えればこの様なジェネリックを製造、販売できるのです。

 

しかしこれらのジェネリックは当然正式な認可を受けていないため、その効能はあやふやです。安全性を考慮するならば購入は避けた方がいいでしょう。

 

まとめ

全世界で愛用されているED治療薬シアリス。シアリスを購入する際には「自分自身の健康状態を把握しておく」ということと「正しいルートで正規品を購入する」という2点が大事であることが分かったと思います。

 

この2点を正しく行うには病院やクリニックにかかるのが一番です。用法、用量を守って、気持ちの良い性生活を送りましょう!

 

ED治療薬に関連する記事