公開日

更新日 18年11月11日

強い男の象徴!?黒人のペニスのサイズと、大きさの理由

男であれば誰もが大きなペニスに憧れるでしょう。ペニスについても大が小を兼ねるとまで言うことはできませんが、やはり大きなペニスは自信に繋がり、女性を喜ばせやすいのです。そして、ペニスが大きい人種というと真っ先に黒人が思い浮かびます。

 

では、実際に黒人のペニスは大きいのでしょうか。また、なぜ大きいのでしょうか。今回は黒人の大きなペニスについてサイズや理由を解説します。

 

 

あなたはペニスが大きな人種というと何を思い浮かべますか。多くの人は、黒人を思い浮かべるのではないでしょうか。実際のところ、アジア人と比較すると黒人のペニスは大きいと考えられています。しかし、それは本当のことなのでしょうか。

 

またアジア人と黒人以外のペニスのサイズはどのようになっているのでしょうか。今回は、黒人のペニスの大きさについて紹介したいと思います。なぜ黒人のペニスが大きいのかを知ることで、あなた自身のペニス増大に関するヒントを得ることができます。

 

結論から述べると、人種の壁を越えることは難しくなっていますが、それでもこれからペニスを増大していく中で限界を知り、その中で最大限の効果を上げる方法を選択していくことは有益です。

 

黒人のペニスは大きい!?

Thumb man setumei1

はじめにそもそも黒人のペニスが大きいのかという点について見ていきましょう。例えば私たち日本人には、「黒人のペニスは大きいものである」という刷り込みがなされていますが、それは統計的な調査結果に基づくものではない場合があります。

 

つまり、増大の手法を売り込むための広告のために利用された恣意的なデータの場合があるのです。ここでは、実際の統計から黒人のペニスのサイズを見ていきたいと思います。

 

また合わせて黄色人種および白人のペニスの平均サイズについても言及します。人種によるペニスの大きさの違いは存在しているのでしょうか。

 

ただし、人種別のペニスのサイズについて十分なデータを集めた統計は確認することができません。そこで今回は国別のデータから人種によるサイズの違いを推察していきます。データとしては以下のものを使います。ちなみに、大きさは勃起時のものです。

 

これはペニスの大きさを5つの段階に分けて、それを国別に当てはめたものです。黒人が多く分布する国のペニスサイズが大きければ、それだけ黒人のペニスは大きいということができるでしょう。では、みていきましょう。

 

黒人のペニスの平均サイズ

Thumb kokujin buranko

黒人はアフリカ大陸に多く分布していますが、上記のデータをみるとペニスのサイズが最も大きいことを示す赤色はアフリカ大陸の中部に集中していることがわかります。またアフリカ大陸の北部についても5段階評価で2番目に大きいことを示すの黄色となっています。

 

アフリカ大陸の南側こそ5段階評価の3番目ではありますが、このデータからはやはり黒人のペニスは大きいということがいえそうです。「黒人が大きなペニスを持っている」というイメージはあながち間違いではなかったのです。

 

赤色がアフリカ大陸にしか確認できない点は、黒人のペニスが大きいことを十分に示唆するものとなっています。黒人はアフリカ大陸に多いため、他の地域と交流しにくい中央部こそ最も大きなペニスを有しているのですね。

 

現にアフリカ大陸の南部はヨーロッパとの交流がしやすいためか、中央部に比べるとペニスのサイズが小さくなる傾向があるようです。とはいいましても、それでも5段階評価で3番目に大きいのですが。

 

黄色人種のペニスの平均サイズ

Thumb man setumei

では、次に私たち黄色人種のペニスのサイズについてみていきましょう。なんとなく黄色人種はペニスが小さいというイメージがありますが、それは本当なのでしょうか。

 

上記のデータによると、データのない中国周辺を除くとアジアの地域は濃い緑色および淡い緑色となっています。これらは5段階評価で4番目の大きさおよび最低の大きさとなっています。つまり、やはり黄色人種のペニスのサイズは世界的にみると小さいということができるのです

 

特に韓国、インド、東南アジアはペニスが最も小さい地域のようです。これも地理的に他国と交わりにくい点が大きく関係しているのかもしれません。アジア圏には5段階評価で3番目の大きさである黄色すら存在していません。

 

白人のペニスの平均サイズ

Thumb gaijin mori

最後に白人のペニスのサイズについてみていきましょう。白人のサイズを知るてがかりとしては、北米とヨーロッパのデータに着目します。北米およびヨーロッパの大部分は5段階評価で3番目に大きいことを示す黄色となっています。

 

イタリア、北欧、メキシコあたりは5段階評価で2番目に大きいことを示すオレンジ色になっています。ただし、ロシアおよび東欧については5段階評価で4番目に大きいことを示す淡い緑色が示されています。

 

白人は多数の地域に分布していることから、ペニスのサイズにも幅があることが伺われます。しかし、最小の恋緑がなく、最大の赤色もないため、白人のペニスは黒人より小さく、黄色人種より大きいということがいえそうです。

 

このように人種によるペニスの大きさを並べると、以下のようなかたちになります。

  1. 黒人
  2. 白人
  3. 黄色人種

 

もちろん人種の区分は上記の3つだけではありません。細かいところまで区分していくと膨大になります。しかし、黒人、白人、黄色人種とおう大まかな区分においては、やはり黒人が最も大きなペニスを有しているということができそうです。

 

残念ながらやはり私たち日本人は世界的に見ても、ペニスが小さい人種ということができてしまいました。しかし気落ちする必要はありません。ここからはなぜ黒人のペニスが大きいかを探っていきましょう。あなたのペニスを大きくする秘密が見つかるかもしれません。

 

なぜ黒人のペニスは大きいのか

Thumb doctor gimon wakai

前述したとおり、黒人のペニスのサイズは世界的にみても大きいものであることがわかりました。では、なぜ黒人のペニスは大きいのでしょうか?その秘密を探ることで、増大に取り組むコツや増大の限界が見えてくるはずです。

 

それらを知ることはストレスを溜めこまないためにも有益です。無理なものは無理と諦めて、コンプレックスを和らげることで、ストレスが減退し、性行為時のペニスが大きくなる場合があります。

 

生存競争による遺伝子の淘汰

Thumb doctor yubi

黒人が長く暮らしてきたアフリカ大陸について考えると、そこは耕作に不向きな土地が多かったという特徴があります。一方でアジアやヨーロッパ・アメリカは土地が肥沃であり、耕作に適していました。

 

これはペニスの大きさにもつながる特徴なのです。つまり耕作に不向きだったアフリカ大陸においては、生きていくことのできる人数が限られており、生存競争が激しかった/と考えることができるためです。

 

その中でより体が大きく、筋力が高い個体が生き残り、それがペニスの大きさに繋がりました。体が大きいということは、それだけペニスも大きくなりやすいためです。耕作ができないということは、食べ物を確保する手段は狩猟に頼ることが多かったといえます。

 

このことからも体が大きく筋力が高い個体の方が生き残りやすかったとわかるでしょう。黒人は遺伝的に体もペニスも大きいものを持っているというわけです。このような遺伝的な要素は後天的に変えることができません。

 

ペニスが小さいのは肥沃な土地で過度の競争を行うことなく生きてきた黄色人種にとっては仕方のないことなのです。

 

骨格に違い

Thumb doctor woman monsinhyou

上では遺伝的な要素について説明しました。その遺伝によりもたらされる骨格の大きさもペニスの大きさと大きく関係しています。黒人は黄色人種に比べると、体格が良いことが多いです。そのためペニスの大きさに違いが出るのです。

 

ペニス自体の骨はありませんが、体全体の大きさと各部位の大きさには相関関係があります。例えば、顔が大きい人はそれに合わせて耳も大きくなりやすく、体が大きい人はそれに合わせて臓器のサイズも大きくなりやすいのです。

 

こういった関係から骨格の大きさとペニスの大きさの間には深い関係があります。

 

筋肉量の違い

Thumb kokujin sanngurasu

黒人の筋肉量が優れていることは、瞬発力を要する競技で黒人が活躍していることからもわかるでしょう。黒人は「ACTN3」という遺伝子を多く持っており、この遺伝子は筋肉をつきやすくし、骨格を大きくするものです。

 

この遺伝子を多く持っている人は体が大きくなりやすく、また筋力もつきやすくなります。一方でこの遺伝子が少ない人は体が大きくなりにくく、筋力をつけることにも苦労するのです。

 

ペニス自体は筋肉により成り立っているわけではありません。勃起についても、海綿体というスポンジ状の組織に血液が流れ込むことによりペニスが大きくなります。しかし、ペニスの中に血液をとどめておくことについては、PC筋という筋肉が関わっています。

 

このように筋肉量の多さはペニスの大きさや強さに関係するものなのです。

 

生後すぐに包茎手術を受ける

Thumb doctor woman monsinhyou

海外では生後間もなく割礼という形で包茎を矯正することが多くなっています。つまり生まれてすぐにペニスの先端であまっている包皮の一部を切除してしまうのです。これは日本にはほとんどない習慣です。

 

そして割礼を行うことで、成長期にペニスが成長しやすくなるというメリットがあります。包皮がある状態とない状態では、ない状態の方がペニスの成長を阻害する要因が少ないのは明らかでしょう。

 

このように割礼の習慣もペニスの大きさに関係します。ここまでをまとめると、そもそも黒人は過酷な生存競争を乗り越える中で弱い個体が淘汰され、体が大きく強い個体が残りました。そういって出来上がった現代に至る遺伝的な骨格の大きさと筋肉量の多さは、ペニスの大きさに繋がるものだったのです。

 

さらに割礼習慣を持つ場合は、そのことが成長期におけるペニスの成長にとってポジティブな影響を与えたのです。こうして現代の黒人はペニスの大きな人種となったのです。

 

各国のペニスの大きさランキング

Thumb doctor woman annnai

ここまで人種によるペニスの大きさについてみてきました。そして、黒人>白人>黄色人種という順で、ペニスが大きい傾向があるということがわかりました。ここからはさらに踏み込んで、国ごとのペニスの大きさについてみていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

国ごとにみていくためには、先ほども見た上記の図をさらに細かく考察していくこととなります。上記の図では、ペニスの大きさを以下の5つの段階に分けています。

 

  • 16.10cm以上
  • 14.7~16.10cm
  • 12.9~14.7㎝
  • 10.5~12.9cm
  • 9.3~10.5cm

 

これについて大まかな国ごとに該当する地域を見ていきましょう。

 

16.10cm以上

 

ここはペニスの大きさが最大のグループです。該当する国としては、ガーナ、ナイジェリア、コロンボ、ジャマイカなどが挙げられます。アフリカ大陸の中央部にある国であり、他の地域との交流が決して容易ではなかった地域です。

 

そのためペニスの大きい遺伝子が小さな遺伝子と交わりにくく、現代においても一か所に集中する形で最もペニスの大きなグループを作っているのでしょう。平均して勃起時の大きさが16.10cm~17.90cmということなので、非常に大きいことがわかります。

 

日本人で勃起時のペニスが17cmもあれば完全に巨根です。しかし中央アフリカの国においてはそれが平均なのです。もう一度言いますが、「平均」です。ペニスの大きさについては、黒人が圧倒的ですね。

 

14.7~16.10cm

 

次に大きなペニスを持つグループがここです。こちらに該当する国としては、ノルウェー、スウェーデン、オーストラリア、メキシコ、イタリア、南アフリカなどが挙げられます。第一のグループがアフリカ中央部に固まっていたのに対し、こちらは世界各地に散らばっている印象です。

 

興味深い点はオーストラリアと北欧です。どちらも白人の多い国ですが、中央ヨーロッパやアメリカ合衆国などと比較すると極地に近いところに位置しています。動物は極地に近づくほど体が大きくなる傾向がありますが、これが人にも当てはまるのかもしれません。

 

ただしイタリアやメキシコにも該当するため一概には言えないのかもしれません。アフリカについては第一のグループを形成していた国の周辺もここの第二グループとなっています。ペニスの大きな遺伝子を持つ人が周辺地域と交わり、第二グループに該当する国を形成したのでしょう。

 

12.9~14.7㎝

 

第三のグループにはアメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、スペイン、チリ、エジプト、リビアなどが該当します。イメージとしては一般的な白人のサイズということができるかもしれません。

 

アフリカについても白人と混じりやすい立地の北側がこのグループに属しています。まさに世界の平均ということのできるサイズ感です。13cm前後なので、日本人の中でも大きめの人はこれくらいのサイズがあって不思議ではありません。

 

10.5~12.9cm

 

第四のグループには、日本、ロシア、サウジアラビア、トルコ、イラク、インドネシア、ブラジルなどが該当します。意外なところではロシアがこのグループです。ロシア人というと体格が大きいイメージもありますが、それは偏った印象なのかもしれません。

 

またブラジルも日本と同じサイズ感です。実際の長さは10.5~12.9cmということで、多くの日本人が該当するのではないでしょうか。アフリカ大陸には第四のグループに属する国はありません。やはり人種の壁は厚いようです。

 

9.3~10.5cm

 

第五のグループには、韓国、タイ、ベトナム、インドなどが該当します。韓国を除くと東南アジアに集中している点が興味深いです。ペニスの大きな国がアフリカ中央に集中していたように、ペニスの小さな国は東南アジアに集中しているのです。

 

日本は第四グループに属していたので、アジアの中でみると日本人のペニスの平均サイズは大きめということもできそうです。人種の壁こそ超えることはできませんでしたが、同じ黄色人種の中における日本人のペニスは決して小さくないのです。

 

遺伝的な限界は仕方がない

Thumb doctor kansya

ここまで世界のペニスのサイズについてみてきました。人種でいえば黒人のペニスはやはり大きく、国別でみるとアフリカ中央に位置するガーナ、ナイジェリア、コロンボ、ジャマイカなどがペニスの大きい国でした。

 

黄色人種である日本人は世界的にみてもペニスの小さい部類に属するようです。このようにペニスの大きさについては人種や民族の壁が明確に存在します。そのため、その壁を超えた大きさを手にしたいと望むのは必ずしも容易ではありません。

 

むしろ、人種や民族による限界を知り、その中で適切な方法でペニスを増大させていくのがよいでしょう。越えられない壁に挑み続けてもストレスが溜まり、コンプレックスが肥大化するだけです。以下では、日本人が行うべきペニスの増大について説明します。

 

長さだけで大きさは測れない

Thumb man kinnsi

先ほどペニスの長さについて世界各国のものをみましたが、あれはあくまで長さについてのみのデータであるということを忘れないでください。あの地図にはペニスの太さや形に関する情報は含まれていないのです。

 

そして「大きなペニス」というものは長さだけがあれば良いわけではありません。そこには形や太さもおおいに関係します。特に太さは重要で、性行為時に快感に繋がるペニスは長さよりも太さが重要であるという女性も少なくありません。

 

そして勃起が海綿体に血液が流れ込むことにより起こることを考えると、全身の血流を改善することでペニスに流れ込む血液量をアップさせて、勃起時のペニスを太くするということはあながち不可能ではないのです。さらに性行為との関係では、ペニスの硬さも大変に重要です。

 

この硬さにも血流の良さが大きく関係しています。性的興奮があったときにペニスに大量の血液が流れ込み、それを保持しておくことができれば、それだけペニスの硬く保つことができます。つまり中折れとは無縁のペニスになるということです。

 

このように大きなペニス・魅力的なペニスというものは、単に長さだけで測ることができるものではないのです。それには太さ、形、硬さといったものが重要になります。人種の壁で長さを変えることができないのであれば、太さと硬さを変えればよいのです。

 

日本人であるからとペニスの大きさを諦めず、変えることのできる方向に向かって適切な疎力をすることが重要です。

 

自分に合った増大方法を探す

Thumb doctor miageru

増大の方法には様々な種類があります。ペニスを長くする長茎手術やシリコン・ヒアルロン酸の注入といった外科的な手法を除き、間接的に増大に寄与する方法だけでも以下のとおり複数のものがあります。

 

  • ・サプリの摂取
  • ・食生活の改善
  • ・適度な運動
  • ・PC筋トレーニング
  • ・ストレス解消
  • ・ペニス増大パンツ

 

これらの方法は血流を改善し、体の免疫力を高めるなどして間接的にペニスを増大させようといったものです。あなたがこれらの方法の中から何かを選び実践していく場合は、あなたに適したものを選ぶ必要があります

 

なぜならば、ペニスが大きくなることを妨げている要因は人それぞれであるためです。例えば、食生活が乱れきっており、血液がドロドロであるという人は何より先に食生活の改善に着手する必要があります。それをせずにサプリを摂取しても、結局は乱れた食生活のせいで増大できないためです。

 

このようにペニスの増大を考える際は、あなたに合った方法を選択するように心がけてください。

 

ストレスを溜め過ぎない

Thumb hage nayamu

前述した増大方法の中にも含まれていますが、ストレスは増大の大きな敵です。ストレスを感じると交感神経が活発になり、全身の血管を縮小させてしまうためです。これは血液の流入によって起こる勃起にとって最悪のことです。

 

また真面目な人が増大に取り組むと、効果の出ない期間が長いことから逆にストレスを溜めてしまう場合があります。これも増大にとってはマイナスでしかありません。ペニスの増大は時間のかかるものです。

 

そのためどのような方法を選択するにしろ、長期的な視野で臨むことが大切です。例えば、サプリであれば少なくとも半年は同一のものを飲み続ける必要があるでしょう。強いコンプレックスに振り回されて、自分を卑下することのないよう注意が必要です。

 

ストレスについては全く感じずに生きるというのが現実的ではないため、感じたストレスを上手く解消できるような技術を身に着けましょう。ストレスの解消方法は人それぞれですが、運動はそれだけで一定のストレス解消効果を持ちます。

 

はじめはつらいと感じても、体が慣れると運動は素晴らしいストレス解消法になるでしょう。もちろん肥満の対策としても有益です。

 

 

まとめ

Thumb doctor yubi

今回は黒人のペニスについて紹介しました。結果としては、やはり黒人のペニスは大きく、黄色人種のペニスは小さいということがわかりました。また日本はペニスの大きさを5段階に分けた場合、上から4番目のグループに属します。

 

このようにペニスの大きさについては人種や民族による差があるのです。そのため、これから自身のペニスを増大させたいと考える際は、限界があることを理解する必要があります。そして、その中で自分に合った方法を選択し、ストレスを溜め込まずに長い視野で増大方法を実践していくことが求められるのです。

 

またペニスの大きさは長さだけで測ることのできるものではありません。長さがないとしたら、太さや硬さを鍛えて魅力的なペニスをつくり上げればよいのです。くれぐれもコンプレックスを過度に肥大化させないように注意してください。

 

豆知識に関連する記事