公開日 18年05月02日

更新日 18年09月05日

包茎は注意!?亀頭包皮炎の症状と原因を理解して正しく治療しよう

包茎による悩みは色々ありますが、亀頭部分を清潔にできないことにより、性病や病気になりやすいといわれています。

 

亀頭包皮炎の症状は包茎のほうがリスクが高く、症状を発見したら早めに対処が必要ですが、プライベートエリアなので病院に行くのが抵抗があるという人もいるでしょう。

 

そこで亀頭包皮炎をそのまま自然治癒させたらどうなるのか、症状を正しく判断して普段できる予防策や正しい対処方法についてお伝えします。

Thumb kanzita mens

 

亀頭包皮炎の症状の特徴について

Thumb amegahutteiru

亀頭包皮炎の症状はとても不快で、その時の体調によってもひどく症状が現れる場合がありますが、様々な原因からペニスを守るためには普段から清潔に患部を維持することが大切です。

 

亀頭部分は下着で摩擦したり石鹸の刺激によるかぶれなど、些細な原因により異変を感じやすいところですが、亀頭包皮炎かどうか見極めるためには症状の特徴を理解しないといけません。

 

そこで早速ですが、亀頭包皮炎とはどんな症状がおこるものなのか、次のような亀頭包皮炎の症状について詳しく見ていきましょう。

 

症状の種類について

Thumb suitgirls

亀頭包皮炎の症状は色々ありますし、性病に似たような症状が現れることもあり自己判断するのは難しい面があります。

 

また亀頭包皮炎は原因菌の種類によっても症状が違いますので、正しく治療をするためには医療機関でかならず診療を受けたほうが安心といえるでしょう。

 

ペニスの異常は男性にとってとても不快なものですが、その時の体調によっても症状がひどくでることもありますので、それほど気にならない程度でも軽く考えずに早期に対処しないといけません。

 

では亀頭包皮炎になるとどのような症状が起こるのか、主な種類について見ていきたいと思いますので心当たりがある方はご注意ください。

 

赤くなる

細菌が亀頭部分に侵入すると皮膚が赤くなりかゆみを伴う症状がおこり、かゆみがひどいと眠れないほどの場合もあります。

 

赤くなるだけなら亀頭部分の皮膚の乾燥によることも考えられますし、初期段階ではそれほど気にする人はいないかもしれません。

 

しかし原因菌がカンジダ菌の場合は赤みが亀頭部分だけでなく陰茎に広がる可能性もありますし、症状が悪化して尿道炎を引き起こしてしまう場合もあるので注意が必要です。

 

また赤くなる症状は淋病やクラミジアなどの性病になった場合も起こる症状ですから、素人判断で決めるのは困難なので、すぐに医療機関に行って正確な診断をしてもらいましょう。

 

軽い痛み

軽い痛みは皮膚の赤みが悪化した場合や、赤みと同時にヒリヒリしたような痛みを感じる場合がありますが症状の度合は個人差があります。

 

男性の性器は女性と違って表面に露出していますので異変を早く察知しやすいのですが、それでも場所が場所だけに軽い痛みが起こった場合も自然治癒させようとする人もいるでしょう。

 

亀頭包皮炎の症状である軽い痛みはかゆみを同時に伴うことが多く、痛痒いような症状を体験する人が多いといわれています。

 

この症状は細菌性亀頭包皮炎の場合によく見られ、肌が乾燥しやすい時期にも肌荒れ症状と間違ってしまうこともあります。

 

ペニスは体の他の部位よりも皮膚が薄く傷や炎症を起こしやすいので普段からご注意ください。

 

ただれ

亀頭包皮炎の症状は最初は軽度なかゆみから始まることが多く、包皮の赤みやかゆみをそのまま放置してしまうと徐々に悪化して発疹がみられる場合もあります。

 

発疹を正しくケアしないと下着の摩擦で広がり、水ぶくれになりただれ状態になることもありますので大変見た目も悪くなってしまうでしょう。

 

ただれが悪化すると亀頭周辺に痛みと一緒にじゅくじゅくした分泌物が出てくるともあるので、このような症状がおこり始めるとほとんどの人は自分のペニスに問題があるのではないか確信できますよね。

 

肌がとくに敏感な人はボディソープにより肌がただれてしまう場合もありますが、亀頭包皮炎の症状は他にも症状が一緒におこる可能性があります。

 

かゆみ

かゆみは亀頭包皮炎の症状としてとても多いもののひとつで、カンジダ性亀頭包皮炎の場合に起こりやすいといわれています。

 

かゆみ程度ならと放置してしまう人もいるでしょうが、症状が軽く稀に自然治癒することがあっても必ず治るというワケではありません。

 

かゆみをそのまま放置してしまうと悪化した場合は発熱や潰瘍などの症状に進展する場合もあるので注意が必要です。

 

悪化すると本人が一番辛いだけでなく、自己免疫力だけではどうにもならずに治療にも大変時間がかかってしまうため、しっかり治すためにも早期発見して早期治療をしてください。

 

カスがつく

カンジダ性亀頭包皮炎の症状として多いのがカサカサの薄い皮のようなものがカスとして付着する場合がありますが、これはカンジダ菌の働きで包皮がはがれ落ちている状態です。

 

かゆみや赤みなどはペニスに起こりやすい肌トラブルでもありますが、白いカスのようなものが剥がれ落ちてくることは健康な健康なペニスではありえない症状です。

 

亀頭包皮炎を治療せずに放置してしまうと、重篤な合併症を招くこともありますのでカスがつくような症状が見られる時は自然治癒を待たずに、すぐにクリニックや医療機関で相談してください。

 

カンジダ性亀頭包皮炎は原因菌を持つパートナーと性交渉による感染経路が多く、免疫力が低下している時は発症しやすくなります。

 

亀頭包茎炎の原因について

Thumb atamagaitai

様々な原因がある亀頭包皮炎ですが、ブドウ状球菌、連鎖状球菌、腸内細菌、大腸菌、カビなどが付着してペニスの小さな傷から侵入し感染します。

 

決して性行為だけが原因にはならず、小さな子供も感染する亀頭包皮炎ですが、菌の侵入経路は色々あり、ペニスの洗いすぎで傷ができそこから感染する場合もあります。

 

ほかにも下着の摩擦による傷、包茎で汚れがたまりやすい、疲労がたまり体の免疫力が低下することもきっかけになってしまいます。

 

これらの原因は大人も子供にも当てはまりますが、大人の場合はさらに注意したい原因がカビによるもので、原因菌となるカンジダは性行為で女性の膣から感染する場合があります。

 

カンジダ菌は女性の体だけでなくどこでも生存する菌で決して珍しいものではなく、体の抵抗力が低下していると菌が繁殖しやすくなっています。

 

ストレスによる疲労、睡眠不足による疲労など、あらゆる原因で免疫力が低下する可能性がありますので注意が必要です。

 

子供の亀頭包皮炎の原因で多い細菌によるものとは異なり、大人が感染しやすいカンジダ菌は誰の体にも持っている常在菌ですから、外部から病原体が入るだけが理由ではなくカンジダは性感染症とは区別されている点も特徴といえるでしょう。

 

男性の性器は女性器と比較してもわかるように、外気にさらされる部分が多く通常なら雑菌が繁殖するのは女性よりも少ない傾向があります。

 

しかし亀頭包皮炎のようにデリケートな部分や包皮に小さな傷があると、そこから原因菌が繁殖をはじめ、カンジダ菌の場合は発症まで通常1日~1週間ほどといわれています。

 

しかし体調により免疫力が低下している場合や菌が好む条件がそろっている場合は、数時間で症状が出ることもあるため潜伏期間は個人差があります。

 

治療方法

Thumb herumetogut

亀頭包皮炎の症状が気になる時はなるべく早く対処しないといけませんが、ペニスのトラブルはプライベートな問題なのですぐに病院にいかず様子を見ている人もいるでしょう。

 

亀頭包皮炎は性病の症状とも似ていることがありますので、放置すると深刻な病気に進展する可能性もあるためなるべく早く適切な対処を取ってください。

 

そこで気になるのが亀頭包皮炎はどうすれば治るのか、どんな治療方法があるのかという点ですよね。

 

亀頭包皮炎は症状が恥ずかしくて病院にいかず放置してしまう男性がとても増えていますので、まずはどんな対処ができるのか、市販の薬を使った場合と病院で治療を受けるパターンについて詳しく見ていきましょう。

 

症状が軽症でも正しい判断のもと治療を開始することがとても大切なので、不安な時は早めに医療機関で相談をすることが一番オススメです。

 

もし亀頭包皮炎が疑われる場合はまずペニスを清潔にして刺激を与えないようにしてください。

 

市販薬を使う

亀頭包皮炎は原因菌が判明している時は市販の治療薬を使って改善することが可能ですが、一般的に使用されるものとしては細菌性包皮炎の場合は外用薬や抗生物質などがあります。

 

かゆみや赤みがある時はステロイドを微量含んだ塗り薬で治療をすることも可能なので、自分の原因菌に適したクリームを購入して使ってみましょう。

 

とくにカンジダ菌による亀頭包皮炎の場合は水虫専用の真菌対策ができるクリームを使う場合もありますが、適切な薬を完治するまで使用するためには正しく判断しないといけないため、症状が軽度の間なら市販薬の治療も有効な可能性があります。

 

細菌性亀頭包皮炎の場合は抗生物質を含んだ外用薬があり、テラマイシン軟膏やクロマイーN軟膏などが治療に適しています。

 

病院で治療を受ける

亀頭包皮炎は自覚症状がある段階になったら必ず病院で診察を受け、原因菌を定めたそれぞれに合う治療方法や治療薬が必要です。

 

病院ではクリームや軟膏を患部に塗り治療を行い、淋菌などの原因の場合は抗生物質の内服薬、カンジダ菌は抗真菌薬などを使って的確な治療を行います。

 

受診するのは皮膚科、性病科、泌尿器科などで治療費用の一般的な値段は保険適用されない場合は3,000円~5000円、薬代が別途かかります。

 

病院での治療費用は治療方針や保険適用の有無によって異なりますし、症状によっては何度も通院が必要になる場合もあるため、できるだけ早く診察してもらうことが大切といえるでしょう。

 

市販の薬だと完治しない場合や再発の恐れがありますし、何よりも医療機関のように正しく治療ができないリスクがあるので注意してください。

 

 

亀頭包皮炎は再発することも!

Thumb iinebusinessman

亀頭包皮炎の症状が軽減して治ったと思っても、それが一時的で再び不快な症状が始まることがありますが、亀頭包皮炎は再発しないように対処することがとても大切です。

 

なぜ再発してしまうのかそれぞれのケースで原因は異なりますが、とても多い性行為による再発についてまず見ていきたいと思います。

 

性行為の際はペニスが粘液で滑らかになるのであまり自覚はしていないものの、包皮部位や亀頭との溝部分は軽度の擦過傷になってしまいます。

 

本来ならばそのまま皮膚が形成されて自然治癒するのですが、性行為の最中にオーラルセックスにより歯ががあたり傷が深くついたり、充血しやすい状況が起こってしまいます。

 

このような行為は炎症を起こすための準備段階を作るようなもので、さらにオーラルセックスの場合は人間の口内に存在する雑菌やカビにより亀頭包皮炎が起こってしまうのです。

 

ペニスの先端部分にあたる亀頭はとてもデリケートであることは男性の皆さんが一番よくわかっていることですが、亀頭は粘膜に近いほどとてもデリケートな皮膚が特徴のため、炎症をおこし始めた時に無理にごしごし洗うとさらに症状が悪化してしまいます。

 

このように自分の無意識で行う行為が亀頭包皮炎の再発を繰り返す原因になってしまいますので、病気に関する正しい知識を身に着けて対処しないといけませんね。

 

またもうひとつ亀頭包皮炎が再発する理由として、薬を使用しているのに再発するケースがあります。

 

病院で治療を受けたから安心と油断してしまうと、完治しないで薬の服用を止めてしまう人がいますが、それぞれに処方された塗り薬や内服薬は完全に飲み終わるまで続けないといけません。

 

処方薬による治療が始まると1週間前後で亀頭包皮炎の症状が治まる人もいますが、それは薬のはたらきで菌の炎症が収まっているだけ。

 

完治させるためには菌を完全に殺さないと薬をストップした段階で再び菌の活動が始まってしまいます。

 

さらに正しい治療を受けず自己流に市販の薬で治療をしても、原因によっては全く効果がない場合あもあり、薬が肌に合わず皮膚自体の働きが低下して元の健康な状態に戻らない可能性もあります。

 

亀頭包皮炎の再発を防ぐためには、必ず医療機関で相談をして、自分に合った薬を使った治療を最後まで続けることが大切です。

 

そして再診をして完全に治っているかどうか確認しないと、薬を飲んだからと言っても再発する可能性があることを覚えておきましょう。

 

 

亀頭包皮炎と包茎の関係

Thumb memotorigirl

包茎だと亀頭包皮炎になりやすいといわれていますが、包茎で悩む男性にとってはとても頭が痛いことで見た目の問題だけでなくペニスの健康状態も不安になりますよね。

 

では包茎だとなぜ亀頭包皮炎のリスクが高くなってしまうのか、包茎の特徴を理解して発症しやすい理由についてご説明いたします。

 

包茎の方は次のようなことを頭に入れておくと、亀頭包皮炎に対する予防策もわかりやすくなるでしょう。

 

ペニスの不快な症状がある場合はすぐに適切な対処を取り、普段からペニスの状態をこまめにチェックして病気の早期発見を心がけてください。

 

包茎の原因と症状

Thumb stoppose

包茎は仮性包茎、カントン包茎、真性包茎の3種類があり症状もそれぞれ異なりますが、日本人にもっとも多いのが仮性包茎で亀頭を覆っている皮は手で簡単にむけ露出できることが特徴です。

 

カントン包茎は平常時は亀頭が少し露出している状態で、無理やり皮を剥くと元の状態に戻せないこともあります。

 

真性包茎は平常時でも皮を剥けない状態で亀頭の成長に影響を与え先細りペニスになる可能性があります。

 

日本人にとても多いといわれている仮性包茎の場合ですが、最大の要因になるのは亀頭をかぶせる部分の皮が長いためで、ペニス自体が小さく皮が余ってしまうことが原因といわれています。

 

カントン包茎は寝ている間に勃起をして知らない間に皮が剥けてカントン包茎になることもありますし、真性包茎の人が無理に皮を剥いて戻せなくなるケースもあります。

 

真性包茎は成長期に自分で皮むき行為を怠ってしまった場合や、もともと包皮が伸びにくい、体質的な問題で努力してもならないことなどが原因である場合も。

 

包茎になると亀頭部分を清潔に保つことが難しくなり、そのため雑菌が繁殖して様々な不快な症状を伴うことがあります。

 

包茎だとリスクが高くなる理由

Thumb tabakochck

亀頭包皮炎という病気はカビなどの真菌や雑菌が付着して起こる炎症で、原因となる菌は生活のあちこちに存在しているためどなたでも注意が必要です。

 

とくにペニスは下着やアンダーヘアなどの湿気が多く不衛生な部分ですから、菌がとても活動をしやすい環境がすでに整っています。

 

このような背景があり、さらに包茎であると余分な皮が被っている部分には原因菌が残りやすく増殖しやすい状態が続いてしまうのです。

 

包茎のペニスの包皮内は通常のペニスよりも菌が活動しやすく清潔に保てないこともさらに悪条件となり、最終的に亀頭包皮炎になりやすいというわけなのです。

 

包茎の人は性行為の際に微細な傷が残るリスクが高く性行為の後で亀頭部分と包皮の内側が接触して菌が繁殖してしまいます。

 

無理やりごしごしこすって洗うとさらに傷が深くなり、菌を皮膚の奥まで刷り込んでしまう状態になりますので、とくに包茎は性行為の後のケアには注意が必要ですね。

 

また自慰行為による手指からの雑菌の侵入や、ペニスに与えるダメージなども包茎にとっては亀頭包皮炎になる大きな要因になってしまいます。

 

そもそも亀頭包皮炎は男性なら誰でも可能性がある症状で、包茎はさらにリスクが高いことを覚えておきましょう。

 

真性包茎は注意が必要

真性包茎は亀頭を覆う皮が多くそのため正しくケアをしないと、不快なペニスのニオイを発生しやすく先細りや短小ペニスの原因になってしまいます。

 

また亀頭包皮炎のようにカビや雑菌が原因で発症するものは、特に真性包茎は注意が必要で大人だけでなく子供にも発症する可能性が多いといわれています。

 

包茎のなかでもとくに真性包茎は包皮内に湿気や老廃物が溜まりやすく菌の栄養源になっていますので、小さな傷からすぐに感染しやすい状態です。

 

亀頭包皮炎は真性包茎がもっともかかりやすいともいわれていますので、感染しないようにペニスを普段から清潔にし、なるべく摩擦などの負担を与えないように意識して生活しましょう。

 

 

亀頭包皮炎の予防策

Thumb aoziru

亀頭包皮炎は予防ができますので、リスクが高いと思われる人はあらゆる角度からペニスの正しいケアをスタートするとよいでしょう。

 

亀頭包皮炎の症状はとても不快で感染原因を正しく理解しておかないと、いつまでも治らず深刻な症状へ悪化する可能性があります。

 

生活の色々な場面に存在している原因菌は、できるだけ自分で予防対策をして感染しない生活習慣を作ることがとても大切。

 

とくに性交渉を行う際のパートナーからの感染はほかのルートよりもリスクが高くなる傾向がありますので、不特定多数の相手との性行為は性病の感染を拡大する恐れも頭に入れて十分に注意しましょう。

 

清潔にする

Thumb arafour

ペニスは尿や汗、下着のムレなど菌がとても好む環境がありますので普段から清潔に保つ意識が大切で、自慰行為や性行為の後などはとくに注意しないといけません。

 

亀頭包皮炎の原因となる雑菌やカンジダ菌はどちらも老廃物など汚れを栄養源として増殖していきますので、ペニスの清潔度によって感染のリスクは変わってしまいます。

 

お風呂で綺麗に洗うこと、長時間汚れたまま放置しないこと、また下着も清潔なものにこまめに交換するなどちょっとした心がけでも予防効果が増大しますよ。

 

包茎の場合は通常のペニスよりも汚れが包皮内に溜まりやすいため、亀頭包皮炎を発症するリスクが高くなりますので仮性包茎の場合は皮をずらして清潔に洗ってください。

 

お風呂の後にドライヤーで乾燥させて湿気を取り除くのもよい方法なので、包茎の人はぜひトライしてみましょう。

 

ごしごし洗わない

Thumb hitokuchi

清潔にすることは予防策に欠かせないポイントですが、だからといってごしごし摩擦すると細かい傷が残り、そこから雑菌が侵入してしまいます。

 

亀頭包皮炎を予防するには殺菌効果のある石鹸を使い優しく洗うか、菌のバランスを整えるためにはぬるま湯でさっと洗い流す程度でもよいでしょう。

 

入浴の際はペニスの表面だけでなく包皮内を丁寧に洗うことが菌の対策になりますので、無理をせず洗える範囲までしっかりと指を使って洗い流してください。

 

ボディタオルなどの目の粗い素材はデリケートな亀頭部分に傷を残す原因になりますので、必ず清潔な手や指を使って洗ってください。

 

リスクを軽減させるポイント

Thumb kakkotsuke

亀頭包皮炎のリスクを減らすために注意したいポイントはまず性行為による感染経路に用心し、予防策としてコンドームの着用をオススメします。

 

コンドームを使用しないで性行為をすると亀頭包皮炎だけでなく性感染症のリスクも同時に高くなりますので、とくに不特定多数のパートナーがいる場合は感染源が判明できなくなるため必ずコンドームを着用しましょう。

 

女性に多いカンジダ膣症に男性が感染すると亀頭包皮炎になる可能性がありますので、パートナーにも定期的な性感染症の検査などを受けてもらうことが大切です。

 

そして普段自分でできることはペニスの健康状態に敏感になり、いつもとは違う症状を感じた時はすぐに病院で相談をすることも予防対策には欠かせません。

Thumb kanzita mens

 

まとめ

Thumb yuugure

亀頭包皮炎の症状が起こる原因は、性行為だけだと誤解して認識している場合も多いので、どのような原因があるのか正しい知識を身に着けておかないといけません。

 

洗いすぎや下着のこすれなど無意識に亀頭包皮炎を発症する場合もありますので、普段からペニスのお手入れは慎重にならないといけませんね。

 

もし亀頭包皮炎の症状の疑いがある場合は悪化させないように正しく対処し、すぐに医療機関で診察を受けてください。

 

ペニス起こる不快な症状は深刻な病気のサインになる場合もありますし、稀に自然治癒することもあるでしょう。

 

しかし自己判断により病気を悪化させてしまうのは一番避けるべきことなので、気になる場合はすぐに適切な対応をするように心がけ、医師のアドバイスや治療方針に従い、正しく亀頭包皮炎を克服してくださいね。

豆知識に関連する記事