公開日 17年11月12日

更新日 18年08月14日

アルギニンはペニスに効果的!?増強に欠かせない栄養素を徹底解説

ペニスを大きくするためにはアルギニンという栄養素がとても重要です。ただし、アルギニンがペニス増大に役立つことは間違いありませんが、アルギニンだけでペニスが大きくなるわけではありません。

 

この記事ではアルギニンを始めとしたペニス増大に役立つ栄養素についてご紹介します。ペニスを大きくしたいのであれば、正しい知識を手に入れて効率的に栄養素を摂取しましょう。

 

アルギニンはペニス増大に効果がある?

Thumb jamp

ペニスを増大させる方法にはさまざまな種類があります。その中でもメジャーなのが、ペニス増大に効果がある栄養素を摂取する方法です。

 

人間の身体は成長期を過ぎると、基本的には大きくならないものです。ペニスも成長期にある程度大きくなると、それ以降は勝手にサイズが増すことはありません。

 

しかし、筋トレなどでもそうであるように、適切な栄養素を摂取すればサイズアップが可能な部位もあるのです。ペニスもその一つです。

 

ペニスは人間の身体の部位でも、伸縮性が非常に高いという特徴があります。実際、通常時のペニスよりも勃起した状態のペニスのほうがはるかに大きくなりますよね。

 

ペニスの勃起は、血液が流れ込むことによって引き起こされる現象です。つまり、ペニスの血流をよくすれば、勃起時のペニスサイズは誰でもアップするのです。

 

アルギニンは、ペニス増大に非常に効果的な成分です。まずはアルギニンがどういう効果をペニスにもたらすのか説明します。

 

アルギニンとは

アルギニンは、アミノ酸の一種です。アミノ酸は、人体の約2割を占める物質です。

 

自然界には約500種類のアミノ酸がありますが、人体を構成しているアミノ酸はそのうちの20種類です。

 

アミノ酸は必須アミノ酸と、非必須アミノ酸にわけられます。

 

20種類のアミノ酸のうち、11種は体内で他の物質を生成して不足分を補えるので、非必須アミノ酸と呼ばれます。

 

残りの9種類は、体内で合成できず食事で摂取しないといけない必須アミノ酸です。

 

アルギニンはアミノ酸のなかでも、体内でも合成されるので非必須アミノ酸に分類されます。

 

しかし、年齢が高くなるほど体内での生成量が減ってしまうので、大人になってからは食事からも十分な量を摂取することが推奨されています。

 

アルギニンは精子の主成分

実は男性の精子の主成分はアルギニンです。精子を作るためにはアルギニンを十分摂取する必要があるのです。

 

男性なら、射精をしたときに精子がたくさん出たときのほうが快感が大きいことを、体感で知っていると思います。

 

精子が多いほうが射精時に放出できる量が増えるので、快感が増すのです。だから精子をたくさん生成できると性欲が増強されて勃起力が増します。

 

アルギニンを十分摂取すれば精子が増えて、勃起力の向上につながるのです。

 

アルギニンの効果

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促して、男性の活力をアップしたり、筋肉や骨格の成長を助けたり、疲労回復促進したりする効果があります。

 

アルギニンを摂取すると、体内で一酸化窒素という物質が発生します。一酸化窒素は、血管を拡張して、血流を促進する働きを持っています。

 

勃起は、ペニスの海綿体に血液が流れ込むことによって引き起こされます。つまり、アルギニンを摂取すると血流がよくなり、勃起力が高まるのです。

 

また、アルギニンは、高血圧や動脈硬化などの、血管にかかわる生活習慣病を予防する効果もあります。血管に問題があると血流が悪くなります。

 

血管の健康を維持することによって、アルギニンは間接的にも勃起力を高める効果があるのです。

 

 

 

ペニス増大のためにアルギニンを効率的に摂取する方法

Thumb banana

アルギニンは、さまざまな食品に含まれています。普段の食事でアルギニンを十分摂取できれば、勃起力向上に効果があります。

 

アルギニンを摂取すると1時間程度で血中濃度がピークを迎えて効果を発揮しますが、6時間程度で効果は終わってしまいます。

 

このようにアルギニンは持続性が弱い栄養素なので、継続的に摂取し続けないといけません。

 

アルギニンは偏った食生活を送っていると十分な量を摂取しにくい栄養素です。

 

そこで、アルギニンが豊富に含まれている食品を紹介するので、普段の食生活の中で積極的に取り入れましょう。

 

アルギニンをたくさん含む食品

アルギニンを摂取する時にもっとも効率的なのが魚介類です。特に普段から摂取しやすい魚介類としては、エビやマグロがおすすめです。

 

エビは、肉よりも1.6倍程度のアルギニンが含まれています。マグロにはアルギニンだけではなく、アルギニンの吸収率を高めるビタミンBなども豊富に含まれています。

 

アルギニンは焼いても損なわれにくい物質なので、魚介類は生でも焼いても摂取できます。

 

次にアルギニンを摂取しやすいのが大豆類です。

 

文部科学省の調査によると、さまざまな食品を同じ量摂取した場合、アルギニンを多く含んだ食材トップ10の中に大豆類が7種類もあります。

 

アルギニンを豊富に含む大豆類の食材には、湯葉、高野豆腐、きなこなどです。一般的によく食される納豆や木綿豆腐にはあまり含まれていないので気をつけましょう。

 

つぎにアルギニンを摂取しやすいのが肉類です。肉類は普段の食事にも取り入れやすいので、積極的に食べたい食材です。

 

アルギニンが多いのは豚ゼラチン、鶏胸肉、鶏挽き肉などです。全般的に鶏肉や牛肉にはアルギニンが豊富に含まれているので、積極的に食材として活用しましょう。

 

アルギニンの必要摂取量

一般的に栄養素は、必要摂取量が定められています。必要摂取量に満たなければ効果が得られず、むしろ不足していることによる弊害が発生します。

 

一方で、必要摂取量を超えて極度に摂取してしまうと健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

だから、アルギニンの必要摂取量と、摂取しても問題がない上限を理解しておきましょう。

 

成人男性の場合、一日に必要なアルギニンの摂取量は2gから4gと言われています。具体的に必要になる摂取量は体重1キロあたり50mg程度です。

 

つまり体重50kgなら2.5gなので、自分の体重に合わせて必要な量を覚えておきましょう。

 

また、アルギニン摂取量の上限は、成人男性で21g程度までです。必要摂取量に比べるとかなり多いことがわかります。

 

例えばアルギニンの含有量が多い鶏胸肉で21gのアルギニンを摂取するためには、1.4kgも食べないといけません。

 

つまり普通に食生活を送っていれば、上限を超えて摂取してしまう心配はほとんどありません。

 

アルギニン摂取はサプリがもっとも効率的

アルギニンは、普段の食事で意識的に摂取することが可能ですが、毎日アルギニンを計算して適切な量を摂取し続けるのは非常に困難です。

 

アルギニンの含有量を計算しながら食材を選ぶのはとても面倒くさいので、なかなか続けられません。

 

また、勃起力向上のために必要な栄養素はアルギニンだけではないので、それ以外の栄養素にも気を使う必要があります。

 

それらの栄養素も含めて効率的にアルギニンを摂取できるのが、アルギニンを含有したペニス増大サプリです。

 

ペニス増大サプリには、アルギニンだけではなく、シトルリン、亜鉛、ビタミンB群などが豊富に含まれています。

 

普段の食事に加えてサプリを摂取すれば、簡単に勃起力アップに必要な栄養を摂取できます。だから確実に勃起力を上げたい方には、ペニス増大用のサプリをオススメします。

 

 

 

アルギニン以外のペニス増大栄養素

Thumb firewoman

アルギニンが勃起力の向上に強い効果があることは間違いありませんが、アルギニンさえ摂取すれば良いわけではありません。

 

アルギニン以外にも、勃起力を高めるために有効な栄養素があります。

 

ペニス増大のためのサプリにはこれらの栄養素も豊富に含まれています。

 

勃起力向上を目的に栄養素を摂取するのであれば、ここで紹介する栄養素たちも同時に摂取することを意識しましょう。

 

シトルリン

シトルリンも、アルギニンと並んで勃起力向上に効果が高いアミノ酸の一種です。シトルリンは、アルギニンと同じく一酸化窒素を体内で作り出します。

 

そしてアルギニンと同しように、血管を拡張して血流を促進するので勃起力向上に効果があります。シトルリンは、実は人体に必要な20種類のアミノ酸には含まれていません。

 

シルトリンは身体に摂取されると、合成されてアルギニンになるのです。さらに余ったアルギニンはそのまま体外に排出するできないので、シルトリンに合成されて排出されます。

 

ただし、合成されるからと言ってどちらかだけを摂取すればいいわけではありません。

 

シトルリンはアルギニンよりも、血行促進の効果が高いので、ペニスの血流を良くする効果は、アルギニンよりも高いと言われています。

 

また、アルギニンは外部から摂取した場合、体内での吸収率が悪いのですが、シトルリンから合成したアルギニンはしっかりと体内に摂取されます。

 

このようにアルギニンとシトルリンは、密接な関係があります。

 

シトルリンが豊富に含まれているのは、スイカやキュウリ、メロンなどのウリ科の植物です。

 

しかし、シトルリンが多いのは普通はあまり食べない皮の部分です。だから通常の食事で十分に摂取するのはやや難しい成分なのです。

 

亜鉛

亜鉛は精子を作る時に必要となるミネラルの一種です。亜鉛も勃起力向上に重要な栄養素だとよく言われています。

 

さらに、亜鉛は精子の生成に必要なだけではなく、不足してしまうと男性ホルモンが減少してEDの原因になってしまいます。

 

亜鉛は人体の活動に欠かせない必須ミネラルなので、意識的に十分な量を摂取すれば精力減退を防ぐ効果があります。

 

亜鉛は精子を生成するときに必要な栄養素ではありますが、亜鉛だけあれば良いというわけではありません。

 

亜鉛以外にも銅、カルシウム、ビタミンB群、ビタミンCなどをバランス良く摂取する必要があります。

 

それなのになぜ亜鉛だけが特に重視されるのかというと、亜鉛は通常の食事だけでは十分な量を摂取しにくい成分だからです。

 

亜鉛は勃起力向上だけではなく、免疫力アップや、食欲向上、貧血改善などさまざまな面で健康維持に欠かせない栄養素です。

 

亜鉛が豊富に含まれている牡蠣は、精力増強に役立つ食品として有名です。他にもごま、大豆、ひじき、アーモンドなどにも亜鉛は豊富に含まれています。

 

 

アルギニン以外で勃起力向上に効果的なこと

Thumb goat

勃起力を向上させる手段は、アルギニンを始めとした栄養素の摂取だけではありません。勃起力を向上させるために重要なのは、血行促進と男性ホルモン分泌です。

 

つまりこの二つに効果があることは、すべて勃起力向上につながるのです。

 

勃起力向上を効果的に行いたいのであれば、栄養素の摂取だけではなく他の手段も併用するのが効果的です。

 

ここでは、アルギニンなどの栄養素の摂取以外に、ペニス増大に役立つことを紹介します。

 

運動と筋トレ

運動と筋トレは、血行改善にも男性ホルモンの分泌にも効果があります。

 

筋肉がつくと男性ホルモンの分泌が増えますし、適度な運動は血行改善を始めとした健康維持にも役立つのです。

 

勃起力向上に効果的な筋トレとしてメジャーなのがスクワットです。スクワットをすると、ふとももや腰回り、お尻など下半身の筋肉が強化されます。

 

これらの筋肉は体中の筋肉の中でも特に大きい筋肉なので、男性ホルモンであるテストステロンの分泌に強い効果を発揮します。

 

筋肉を鍛えると、テストステロンの分泌量が増えます。

 

そして筋肉が増えると精巣や副腎がさらにテストステロンを作り出すようになるので、筋肉増強とテストステロン増加のサイクルが出来上がります。

 

勃起力向上には、PC筋を鍛えるのも効果的です。PC筋とは肛門とペニスの周辺にある深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋の総称です。

 

これらの筋肉は勃起したときに、硬さや角度を維持する役割を担っています。つまりPC筋を鍛えれば、固くて上向きなペニスを手に入れられるのです。

 

PC筋は、肛門をきゅっと締める運動で鍛えられます。力を入れて肛門を締めて、その状態を5秒間維持する運動を、毎日数セット行うのが効果的です。

 

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動も勃起力向上に効果があります。有酸素運動は血液をさらさらにして、血行を改善する効果があります。

 

血行がよくなれば、勃起時にペニスに流れ込む血液の量が増えるので、固く大きい状態になりやすいのです。

 

運動と筋トレは健康維持に効果的なだけではなく、このように勃起力向上にも効果的です。

 

アルギニンなどの栄養素を摂取しつつ、これらの運動を行えば勃起力を高める効果はさらに高まります。

 

生活習慣の改善

勃起力を高めて大きいペニスを手に入れるためには、勃起に悪影響がある生活習慣を改善させる必要があります。

 

血行に悪くて男性ホルモンの分泌を妨げるような生活習慣があると、せっかくアルギニンなどの有効な栄養素を摂取していても、その効果が弱まってしまいます。

 

喫煙

喫煙者は、非喫煙者と較べてEDになるリスクが1.65倍もあります。これだけでも喫煙が勃起力を弱める生活習慣だとわかります。

 

実際にタバコが勃起力を低下させる原因となっているのは、喫煙によって摂取されるニコチンとタールです。

 

ニコチンは、身体の血管を収縮させる作用があります。血管が収縮させるということは、血液が通る道がせまくなってしまい、血行が悪くなるということです。

 

タバコにはかならずタールが含まれていますが、タールというのは特定の一つの物資のことではなく、タバコに含まれる有害物質の総称です。

 

そしてタールの1種である一酸化炭素が勃起力を弱める原因になっています。一酸化炭素は、血液のヘモグロビンと結合して、血液が栄養素を身体に運ぶ働きを邪魔します。

 

つまり、さまざまな栄養素を取り込んでも、一酸化炭素によってそれが行き渡らずに効果を得られなくなってしまう可能性があるのです。

 

食生活

アルギニンなどの勃起力向上に役立つ栄養素はサプリで摂取できます。しかし、普段の食生活で身体に悪いものばかりを食べていると、その効果を十分に発揮できません。

 

食生活で特に気をつけないといけないのが肥満です。

 

肥満になると動脈硬化などの病気を引き起こすことがありますが、血行を悪くしてしまう病気にかかると、ペニスへの血流も悪化します。

 

基本的に現代人は食べすぎて脂質が多い食事になってしまっている傾向があります。まず、食事は満腹ではなく腹八分目くらいにおさえておきましょう。

 

また、肉類などの脂が多い食品は出来るだけ減らし、野菜や魚類、きのこ類などをバランス良く摂取しましょう。

 

不規則な時間や睡眠の直前に食事をすると、脂肪として身体に溜まりやすくなってしまいます。食事は朝昼晩と定期的に摂り、睡眠の4時間前程度までで終わらせましょう。

 

睡眠

男性ホルモンは、睡眠中から寝起きのタイミングでたくさん分泌されて、夜が近づくほど減っていきます。男性ホルモンには成長期に身長を伸ばす作用もあります。

 

成長期に身長が睡眠中に伸びていたことからも、睡眠が男性ホルモンの分泌に欠かせないものだとわかります。

 

睡眠時間が短かったり、不規則な時間になってしまったりすると男性ホルモンの分泌は減ります

 

しかも、一度睡眠不足になると、その後に長期睡眠をとってもなかなか男性ホルモンの分泌量は元にもどりません。

 

成人男性は仕事などによってどうしても睡眠不足になりがちですが、健康に害があるだけではなく勃起力向上の妨げにもなるので、安定した睡眠を意識して生活しましょう。

 

ストレス

日々生きているとさまざまなストレスを感じてしまうのは避けられません。しかし、そのストレスを上手に解消できないと、つねにイライラして暗い気持ちになってしまいます。

 

そして、ストレスは勃起力を低下させてしましまう作用もあります。悩みや不安、焦りなどがある状態だと、オナニーをする気分にならないものです。

 

つまりストレスは、性欲を減退させてしまうのです。実際、うつ病になっている男性の半数程度はEDの症状も併発していると言われています。

 

強いストレスを抱えていると性欲が減退してしまい、勃起力を向上させるどころかEDになってしまう可能性もあるのです。

 

アルコール

お酒を飲みすぎてしまってセックスをしようと思ったら勃起しないという体験をしたことがある男性は多いのではないでしょうか。

 

過度に飲酒していると、神経伝達物質の働きが弱まってしまい性的な興奮があっても勃起し辛くなってしまいます。

 

また、習慣的にたくさんのアルコールを摂取していると肝機能に問題が発生します。

 

肝臓は男性ホルモンを作る器官でもあるので、機能が低下してしまうと男性ホルモンの生成に悪影響があります。

 

また、アルコールは体内で分解されますが、アルコールを分解する成分と精子を作る成分はとてもよく似ているのです。

 

アルコールの分解にそれらの栄養素が使われてしまうと精子を作る栄養素が不足してしまいます。

 

このようにアルコールの摂取は習慣的なものでも、一時的なものでも勃起に悪影響を及ぼします。お酒を飲む方は適度な量におさえ、かならず休肝日をつくるようにしましょう。

 

ED治療薬

勃起力を高めて大きくて硬いペニスを手に入れるために、ED治療薬はとても有効です。

 

バイアグラなどのED治療薬に対しては、何となく恐いというイメージを持っている方も少なくありません。

 

しかし、ED治療薬は日本でも正式に認められている医薬品なので、用法用量を守って正しく使えば、間違いなくEDの改善に効果を発揮します。

 

EDは俗に「勃起不全」と和訳されます。しかし、EDは「不全」という言葉から連想されるような「まったく勃起しない状態」だけを指す言葉ではありません。

 

勃起力が弱まって挿入が出来ない状態や、途中で中折してしまう状態など、セックスする上で勃起に問題がある状態はすべてEDです。

 

だから勃起をまったくしない方だけではなく、勃起力が弱まっていて満足行くセックスが出来ないと感じている方は、ED治療薬によって勃起力を改善できる可能性があります。

 

ED治療薬は、勃起力を高めるというよりも、勃起力低下を防ぐ効果があります。

 

年齢が高くなるほど「若い頃はもっとギンギンになってたな」と感じる男性は多いと思いますが、それはさまざまな理由で勃起力が低下しているからです。

 

勃起力の低下によってペニスが小さくなったり、硬さがたりなくなっていたりする方はED治療薬の服用を検討しましょう。

 

ED治療薬を日本で購入する場合は、病院か通販サイトを利用することに成ります。

 

ED治療を行っている病院やクリニックに行けば、医師の診察を受けて処方せんを出してもらいED治療薬を購入できます。

 

副作用や既往歴、常用中の医薬品との併用などに不安がある方は病院で医師に相談しましょう。

 

通販サイトの場合は、通常のネットショッピングと同じようにサイト上で購入手続きを完了し、配達を待つことになります。

 

便利でしかも病院よりも安価に購入できますが、ED治療薬を服用する上での注意点や服用方法を調べてから利用しましょう。

 

また、栄養素の摂取や運動などは日々の積み重ねで徐々に効果があらわれますが、ED治療薬は服用すればすぐに効果を発揮します。

 

直近でセックスするチャンスが迫っているのであれば、ひとまずED治療薬で勃起力を回復させたほうがより効果的といえます。

 

 

 

まとめ

Thumb notebook

アルギニンをはじめとした、勃起力向上に効果的な栄養素について説明しました。

 

アルギニンは血行を良くして男性ホルモンの分泌を促すので、勃起力を高めたい男性にとって非常に重要な栄養素です。

 

アルギニンは食事からも摂取できますが、シトルリンや亜鉛など、勃起力を高める上で欠かせない栄養素をまとめて摂るためにはサプリがとても便利です。

 

また、勃起力を高めるためにはアルギニンなどの栄養素だけではなく、普段の食生活や運動なども重要です。これらの要素を組み合わせればより効果的に勃起を促進できます。

 

外部リンク:サプリメント

精力剤・サプリに関連する記事